娘、無事帰国

娘がカナダへ旅立ったのは、つい、昨日のように感じていたけれど、ついに、今日、無事に帰国しました。
エアカナダ機で、午後15時55分着の予定が、今朝調べると、30分以上、早まっているようす。
パパと、成田第一ターミナル目指して、ドライブです。
母が気がかりなので、ヘルパーさんに、オムツ交換をお願いしてあります。
成田へ着くと、あと2分で到着との事。
第一ターミナルって、小さくて、面白くないね。
第二ターミナルは、お店もたくさんあるし、時間もつぶせるから、そのつもりで行った第一ターミナル。
つまらん・・・
パパと待っていると、娘の乗った飛行機は、到着だと。
でも、前々出てこない。
だんだん、知った顔が(父兄)が増えてきたので、挨拶に行くと、上の娘さんを、イギリスに留学させていらっしゃる、とても美人なママさんがいて、イギリスから、帰国中の美しい娘さんとも会話。
いろいろ留学について、勉強になります。
娘は、カナダを満喫したようですが、やはり、ホームシックになる子も多かったようで、娘と同じ家にステイした友達は、ホームシックまでは無かったようですが、娘がいないと、会話も出来なかったようです。
ちなみに娘は、水を得た魚。
海外大好き、英語大好きなので、心から楽しんだそうです。
あちらの学校の先生も、引率して行った先生からも、「あのね、あなたは、日本で学習するより、留学した方がいいと思います。」と言われたり、カナダの先生に「もし、両親が留学に反対しないなら、カナダに留学したら?もったいないよ。ホームステイしか方法はないから安心だよ、どう?両親反対する?」と聞かれ
「両親は、反対しないと思うけど」と答えると(もちろん英語)「なら、なぜ、留学してこないの?待ってるよ」といわれたそう。
ホストファミリーのパパは教師で、娘の学校の先生に会うと、ともかく彼女を留学せさるべきだ。もったいない、といい続けたそう。2人で泊まっているのに、娘は、ズーズーしいんだね、きっと。
1年の時の担任も同行していて、いろいろ調べてくださったそう。
正規留学が無理なら、交換留学など、とにかく娘を留学させる方向で話が進んでいたらしく、成田で、娘から聞いた私達夫婦はビックリです。
せめて、高校の3年間は、手元に置いて、日本の常識なんかも教えたいんだけれど、先生方がそれほどまでに仰ってくださるなら、そして、高校留学は、ホームステイしかないというので、ちょっと安心だし、カナダのバンクーバーは、安心して暮らせるそうなので、考えてもいいかな?と思ってます。
「これからの子供は、世界に出て行けるように、そして世界でも分かりやすい名前を」と思って付けた、娘の名前「ERIKA」 すっかり海外に向いてます。母は、ちょっと寂しいです。
バンクーバー旅行の画像は、明日以降に紹介しますね。
by cecilia-1127 | 2010-07-08 22:10 | 家族