65年目の終戦記念日

今日は終戦記念日。
あの戦争で、どれだけの命が失われた事だろうか・・・
父は、大正9年の生まれ。
祖父は、渋沢栄一先生の秘書。
父は、次男だったのですが、長男が早くに無くなったので、長男として生きてきたようです。
父の名は、渋沢先生が、昭和天皇陛下から、1字頂いてくださり、「裕(ゆたか)」と名づけられたそうです。
子供の頃、父から、先の大戦について、いろいろ聞いてましたが、何しろ子供だったし、父も、偉ぶって話しているわけでもないので、なんとなく聞き流してしまっていたことが、悔やまれてなりません。
15日に、終戦が天皇陛下から伝えられ、北海道の、樺太の方にいた方も、これで戦争が終り、親元に帰れる!と思い、酒盛りをしていたら、ロシアからの攻撃を受けたと、先日特番で知りました。
ロシアはアメリカに、日本の領土を少しでも持ち帰らないと、国民が納得しないので、終戦後ではあるが、攻撃すると報告していたそうです。
信じられない・・・
明日、母の元に帰れると信じ、振舞われた酒を飲み、敗戦した事に涙した、まだ若い兵士を踏みにじる行為!!ロシアがソ連だった頃から、好きではなかったけれど、大嫌いになりました。
そんな戦争から65年。
今の日本はどうでしょうかね?
そんな戦中戦後を戦い、生き抜いてくれた、高齢者に、物凄く辛くないでしょうかね?
彼らが、頑張ってくれたからこその、今の日本があるのに、高齢者に使われる税金からカットされるようなわが国。こんな日本を作るために、無駄死にしたわけではないでしょうに。
父だって、近衛騎兵と、それは名誉な職務についてましたが、まさか、こんな日本になるとは、他界した10年前には考えてなかったと思います。
戦争は、駄目です。でも、悲しいかな、私は、なくならないと思ってます。
宗教もあるし、人は、エゴイストだから。
それでも、年に1度、終戦記念日くらい、平和への思いを持ってもいいかなと思います。

随分前から、キッチンの蛇口のつなぎ目から、水がもれてました。
それが、昨日から、大量になり・・・
ホームセンターを見て回り、新しい蛇口セットと、取り付け料金などを比較。
結局、今日、パパが取り付けをすることに。
a0150216_16491191.jpg

まずは、シンクの下にもぐって、奮闘するパパ。
どうやら、このマンションの蛇口は、面倒な取り付け方らしい・・・
a0150216_16505482.jpg

懐中電灯を照らし、凄く、作業しづらい場所で、気合で作業をしてます。
さすが、職人です。
次々出てくる難問を、あれこれ解いて、今までの蛇口セットの取り外しに成功しました!!
この後、ホームセンターへ、新しく取り付ける蛇口セットを買いに行きました。
私は、シャワーになっていて、ヘッドが取り外せるタイプが欲しかったんだけれど、ちょっと無理らしく、TOTOさんのヘッドを買いました。
ホームセンターの担当の方が、「これを買われるなら、取り付けの予約をして下さい」と仰ったので、パパは「あ、俺がつけますから」と・・・
すると、スタッフさん「取り付けは簡単なのですが、取り外しが出来ずに、困られる方がおおいので」と。
パパ「あ、取り外して来ましたから」と言うと、びっくりされてました。
ビバ!職人魂!!
パパね、いろんな業種を経験しているので、水道、ガス、電気関係、エアコン、解体などなど、自分で出きるんですねー
ちょっと誇らしいです。本当は、今更、休みの日に作業をしたくないと言ってましたが、予約が入りにくいと分かり、自分で作業しました。
a0150216_1724716.jpg

見事に、新しい蛇口セットが取り付けられました!
これ、取り付け工事を頼むと、工賃が1万~1・5万だそうです。
パパ、やるぅ~(*^^)v
以前、トイレに問題が出たときも、直してました。エアコンの取り付けもしてました。
さすがの職人魂!感動しました。
次は、バスルームの蛇口交換です。これは、キッチンより簡単だそうなので、期待です。

今日で、短い夏休みも終り。
庭では、梅が干されてます。パパは、明日から仕事で、娘は、部活の合宿です。
暇なのは、私と息子ですね。
こんなのん気な時代の元となった、あの戦争を戦ってくださった、全ての方に、頭を下げたいと思います。
無くなられた、被爆された、生き延びられた、全ての方に、合掌!
世界に、平和を・・・m(__)m
by cecilia-1127 | 2010-08-15 17:29 | 家族