無事卒業しました!

先週の、東北地方太平洋沖地震の影響が続いていて、娘の中学の卒業式が、どうなるか?という事でしたが、謝恩会は中止となったものの、卒業式だけは、卒業生、保護者、教師のみで行う事となり、昨日、パパと行って来ました。
電車の運行も不定期で、道路は道路で、ガソリンスタンド渋滞があり、普通なら、車で、30~40分もあればOKな距離だけど、2時間前に家を出ました。
関越は大丈夫だったけど、高速をおり、目白通りは、恐ろしいほどの、ガソリンスタンド渋滞です。左側1車線は、ガソリンスタンド渋滞で、つぶれてます。
大通りなので、そこここにガソリンスタンドがあり、開店している店の近くは、1km近く車が並んでいます\(◎o◎)/!
普段は、車なんて使ってなさそうな人が、あわてて並んで渋滞を起こしているので、仕事で車を使っていて、ガソリンを入れたい人が、気の毒です。
そんな渋滞を、裏道でさけつつ、それでも、あちらこちらで渋滞していて、娘は最後のホームルームに少し遅れた様です。
パパと私は、先に会場に入り、仲良くして頂いていた保護者の方に挨拶をしてました。
娘の親友で、同じNZに留学するお友達、偶然その子の家も解体業なのだけれど、焼却システムが、先日の地震で壊れてしまい、数千万の出費だと言ってました\(◎o◎)/!
うちは、被害が無かっただけ、助かりました。
式は、本当に厳かに行われました。
入場してくる娘。
私達に気づき、ニヤッとしています^^;
a0150216_55666.jpg
卒業証書を受け取るのを待つ娘です。次ですね。
a0150216_5565558.jpg
a0150216_5574180.jpg
こんな感じでした。
パパは、ずっとDVDで撮影していました。
この制服を着る事も、もうないんだなぁ・・・とか、入学式の時も、こんな風に見ていたなぁ・・・とか、受験、受験と頑張って、入学式に列席したのが、ついこの前みたいに思えるし、あと、1ヶ月もすると、娘は、NZに旅立ってしまい、毎日家にいる生活ではなくなるんだなぁ・・・なんて、とても複雑な気持ちになりました。
式が終わり、教室へ行き、最後のホームルームに保護者も参加して、最後、「起立!礼!ありがとうございました!!」と担任に対して挨拶をしたときは、ちょっとウルっとしてしまいました。
他の生徒さんは、4月になると又、この学校へ戻って学ぶけれど、娘は、もうここには戻りませんから、感動というか、複雑でした。
学校からの記念品にびっくり!
花束・ゴディバのチョコの詰め合わせ2つ・コーチのバッグ!・象牙の印鑑セット!!(苗字ではなく、名前が彫られてました)月の土地1エーカーの権利書(これ、うちにもある。月と金星)その他もろもろ、さすが私立!っていう品々でした。
卒業アルバムの後ろに、サインが出来るスペースがあり、担任の先生に一言を書いてとお願いして、書いていただいたようです。あとは、友達。
最後、帰るまえ、いろいろな友達が、娘のところへ来て、ハグをして、気を付けて!NZから、メールして!とか、帰国した時は遊ぼうね!などと泣きながら、声をかけてくれていて、とても嬉しかった。
電車が止まる時間があるので、友達とゆっくり分かれを惜しむ事も出来ず、私達は、車だったので、その足で大使館へ行ったのだけれど、学生ビザの申請は、午前中のみだというので、今日、これから郵送をする事にしました。面倒だわ~
帰宅して、息子をひろって、焼き肉で祝賀会でした。

計画停電が続いています。
今日は、この後9時20分~13時までと、16時50分~20時までの2回です。
どうして、第1と第2グループだけ、2回なんだろう?
皇居も、節電をされています。
そんな中、セ・リーグだけは、野球を開催するそうです。
被災地の方は、TVなんて見られないし、日本中が頑張って節電したり、計画停電している中、まさかナイター開催なんてしませんよね!?と思います。
もし、ナイターをするなら、ご自分たちで、自家発電して開催して下さいねって、ちょっと不満です。だって、皆が被災地を思って、不便な生活を引き受けている中で、ナイターで煌々と電気使われるなんて、なんか違うんじゃない?とう感じです。
是非、デイゲームでお願いしますよ。それだって、電気つかうんだしねぇ・・・
「やらない奴は、やらなきゃいい」あの、ナベツネの言葉、むかつきました。大っ嫌い!

昨日、娘の学校で、余ったクラス費や、学年費、謝恩会費が返金されました。
結構まとまった額なので、それを義捐金にする事にしました。
ビザ申請書類を郵送しに、郵便局へ行くので、ついでに、寄付をしてこようと思います。

昨夜は、千葉が震源の地震があり、結構揺れました。
震度4とか。
日本中の、あちこちが震源になっていて、とても怖いです。
息子の担任からも連絡があり、公休扱いにしていますので、登校しないでくださいとの事。
登校可能になったら、また連絡を下さるそうです。
やはり尋常じゃない状況なんだな・・・と実感しました。
by cecilia-1127 | 2011-03-18 06:14 | 家族