前世の記憶?

金曜日、フランス語教室での出来事なんだけど、鳥肌が立った出来事がありました。
それは・・・
授業が終わり頃パリのはなしになったの。それは私が「暮らすようにパリを旅する」という本を見せたから。
そこに書いてある事や写真の場所を教えて欲しかったから。
それ以降の会話を書いてみますね。興味の無い方は飛ばして下さい。

先生「マダムは、ホテルじゃないところがいいの?」
私  「う~ん。ホテルも泊まりたいけど、キッチン付きのアパルトマンだったら、マルシェで買い物して、自分
    で料理も出来るでしょ」
先生「マダムはいくつくらいから、フランスに興味を持ったの?」
私  「小さい頃。まだ小学校低学年くらいの頃だよ。」
先生「何か、見たりしたの?」
私  「特にないんだけれど、ある時パリって思ったの。まだ小さい頃同じ夢を何度も見たんだよ」
先生「どんな夢?」
私  「パリに到着した夢。夢の中の私は凄く喜んでいるの、パリにいるから。だけど夢だから覚めるでしょ?
   するとそこは自分の家だから、哀しくてね。何度も同じ夢を見て、目が覚めると家だから哀しくて、何度
   も泣いたよ。それである時、夢でシャルルドゴール空港に着いた私が喜んでいると、夢の中のもう1人     の自分が、これは夢だから、喜んでも起きたら家だよ。また泣くよっていうの」
先生「え?何度もみて、起きては泣いてたの?パリじゃないから?」
私  「ウィ、でもね、その頃って今みたいにネット社会じゃないし、PCもないから、パリの街並みとか見た事
   無かったの」
先生「そうだよね。あの頃は無かったね。」
私  「一番覚えているのは、セーヌの脇?橋とか、石畳とか、行った事ないのに、なんか石畳を歩く固さとか
   セーヌの流れとか、凄く懐かしくて、空気とか匂いとか、分かる気がするの」
と、私が話しているうちに、先生の顔が、物凄く真面目になっていて、凄く真剣に聞いていてくれて、分かる。分かるよって。
先生「靴で歩く時の触感とか分かるんでしょ?」
私  「え?どうして分かるの?」
先生「マダム、覚えているんじゃないの?前の事」
私  「え?前って?前世って事?」
先生「まだむ、フランスに、パリに行きたいと思うんじゃなくて、帰りたいって思うでしょ?」
私  「(鳥肌がたった)どうして分かるの!?私ずっと、パリに行きたいって人前だと言ってたけど、本当は
   違うの!そうなの、帰りたいの、ずっと帰りたいって思ってたの(と半べそになりかけた)」
先生「マダム、前世をプロファイリングしてもらった事ある?」
私  「占い?ないよ」
先生「違う、占いじゃなくて、ちゃんとしたプロファイリング。私はあるんだ。ママンの知り合いにプロファイリン    グの専門医がいてね。たまたま。機会があったら紹介するから(ってパリだけど)見てもらうといい」
私  「見てほしい。私、早く帰りたいよ・・・」
先生「私と兄はね、中国だったんだよ。日本じゃなかったのが残念だけど、小さい頃からアジアが気になって
   たから、やっぱりって思ったよ。全員が全員じゃないけど、そうゆう人もいるはずだよ」
私 「前世、あるのかな?」
先生「私には分からないけど、マダムが子供の頃からフランス語の本を買ったり、音楽聞いたり、フランス語
   を習いたいと思っていて、たくさんある教室の中から、ここを選んでくれたのも偶然じゃないんだと思う
   必要だったからなんだよ、きっと」
私 「たくさん資料請求したけど、他は嫌だった。なんかここだけは、素直に習いたいって思ったよ」
先生「ね?必然なんだよ。早目に1度パリに行こうね」

こんな会話をして、その日は帰って来ました。
a0150216_22301382.jpg
こんな所。
a0150216_223148.jpg
こんな所も、知ってる気がする。凄く懐かしい。
a0150216_2232291.jpg
絵画の方がイメージ近いかな?こんな場所。
a0150216_22325187.jpg
これも!怖いけど、左にコンシェルジュリーが見えてますね。この建物の冷たさが怖いです。
a0150216_22335939.jpg
足の裏に残る固い感じ?
a0150216_22344315.jpg
これはシャルルドゴール空港。あの夢に見た小さかった頃に、何故「シャルルドゴール空港」という空港名を知っていたかもなぞなんだけれど、まさしくこんなエスカレーターに乗っていて、もう1人の私に、どうせ夢だよって言われた場所w
この画像を見つけてびっくりした!ここだ!って。まぁ、これは現代なんだけどね。
下手に人に言うと、頭がおかしい人と思われるだろうから、余り話した事がないけれど、先生に言われて、ドキッとしました。そうなんです、私はパリに行きたいんじゃなくて、帰りたいと思ってしまうんですよね。
前世があるのか、あったとして私がそこにいたのかは謎だけれど、私のフランス好きは、相当年期ものだったなと再認識しました。
それにしても先生の「帰りたいんでしょ?本当は」って言葉は、ぞっとしました。どうしてわかったんだろう?って。そして帰り際に先生はこう言いました。
「マダム!宿題頑張って!!」^^;
最近ネタが無いので、鳥肌記念に書いてしまいました。
皆さんは前世を信じますか?何か記憶がある人はいますか?
ちなみに、大人になっても消えないキズや痣、蒙古斑が残っている人は、前世の記憶が残っている人が多いそうですよ。これは「前世療法」を書かれた、ブライアン・ウェイス博士が言われたそうです。
催眠療法で眠らせて、質問をしてプロファイリングをするあれです。FBIに協力している博士だったかな?
私は、もう1円玉くらになっているんだけれど、蒙古斑があるんですよ^^;
なんか因果を感じます。
まぁ、現世が幸せならいいんだけれど、先生の一言でドキッとしてしまいました。

それでは皆様
最後まで私の戯言にお付き合い下さってありがとうございました。
Bon weekend~!!
by cecilia-1127 | 2012-06-16 22:47 | フランス