映画「バベットの晩餐会」と再現料理と嬉しい報告

先程、とても嬉しい事実が分かりました。
娘、希望大学に合格致しました!!
帰国生受験といえども、最近はとても厳しくなっているのが現状。その中で、本当によく頑張ったと思います。
さっきネットで合否確認をしたので、速達が届き次第、エージェント、ホストファミリー等々に報告をしようとおもってます。あ~安心したわ~(*^_^*)

日曜日恒例、用事を済ませた後のツタヤ行脚www
夫は見たいDVDが無かったんだけれど、私はずっと観て見たいと思っていたDVDを見つけました。
「バベットの晩餐会」というデンマークの映画です。
我が家はDVDは買う派だったのですが、近所にツタヤが出来て以来、レンタルするようになりました。
バベットはDVDを買おうと思っていたのですが、中古でも数万円と高くて手が出ませんでした。
HDニューマスター版だと普通の価格なので、今回レンタルhして見て見て、購入を決めました。
あらすじはリンク先を見て見て下さい。
この中で、物語の最初の方に、水とビールとパンを煮込んで作る「ビールスープ」とか「ビール粥」という料理が出てきます。茶色くドロドロした流動食のようなもので、物語の中では、敬虔なプロテスタントの老姉妹という設定なので、とにかく質素で塩すらもしていない。なので決して美味しい食べ物では無かったと思います。
デンマークの閑散とした漁村。プロテスタントの村。
美味しさなどより、ただただ空腹をいやす食べ物が多かったようです。
この物語に登場するフランスから亡命してきたバベットなる女シェフ。終盤には彼女が自腹をきってフランス料理のフルコースを、ワインやシェリー、シャンパンとマリアージュさせて村人に振る舞うシーンがあり、とても美味しそうな料理の数々なのですが・・・
私は不味そうなビールスープが気になって気になってw
a0150216_12535799.jpg
小さな老姉妹の家に住み込んで家事をするバベット。凄く憧れる世界。
a0150216_12544063.jpg
晩餐会のメインディッシュの「うずらのパイケース、フォアグラとトリュッフ」です。
凄く美味しそう❤これは1度作ってみる予定になってます。材料をお取り寄せしてからですね。
なのに私を虜にしたのはビールスープw
ネットでレシピを検索していると、当時のような簡素なレシピではなくて、それなりの感じです。
そしてデンマークだけではなく、ドイツやフランスでも栄養食として作られていたと分かりました。
フランスに至っては流石にグルメの国。無駄にしない材料で作るわりに、あれこれ美食追及されていて、レシピを見ただけでも、これは美味しそうだなと思ったのですが、私は今回はデンマーク流で。
a0150216_12585560.jpg
こんな感じとなりました。映画内では、もっと茶色くてドロドロしていてまずそうなのですが、一応ブログにUPする事も考えて、仕上げにパセリを振ってみました。当然当時はそんな事はしてなかったようです。
ビールをいれて煮込むので、多少苦みはありますが、普通に美味しかったです。
ビールスープレシピ私はこのレシピで作りました。興味のある方は是非!
そして映画自体が賞をとっているだけあった、本当に素晴らしかったです。デンマーク語とフランス語です。
もちろん日本語字幕が出ますが、やはりフランス語の音は私は大好きです❤
アメリカ映画に慣れていると、こういった北欧映画やフランス映画は物足りなく感じるかもしれませんが、私はハリウッド映画より、フランス映画のアンニュイな雰囲気が大好きです。
更におすすめ映画は「パリのレストラン」です。
こちらもDVDが恐ろしく高くて買えません。VHSでは持っているのですが、ビデオデッキがないので、もう見れません。機会があったら是非見て頂きたい映画です。
そうだ、バベット晩餐会は、どこか「かもめ食堂」とにた質感がありますよ。「かもめ食堂」も私が大好きな映画です。

あ~今日は嬉しくて気が抜けました。
これにて失礼いたします。
by cecilia-1127 | 2013-10-22 13:30 | 家族