<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

母が他界した翌日、母の実家の菩提寺に行き、住職に話を聞き嫌気がさして、パパがお墓を買った後、なんだか疲れて家でだらーんとしていると、私の母方の従女から電話。
要するにね、母を墓に入れたくないって事だったのね。遠回しにアレコレ言うから、散々言わせてから「わずらわしくなったので、墓を買ったから心配ないし、住職にもお断りしますからご心配には及びません。連絡おそくなってスミマセン」と言いましたよ。
向こうは「え??」って感じ。
力になれずゴメンとか何とかを、散々言いながら泣いてみたりしていたけれど、私はすっかり冷めちゃって「いや、今までも力になってもらった事ないし。特に困りもしないよ」とちょっと嫌味を言いました。
そして「あのね、お墓の件があったから連絡していたけれど、それが無かったら、家族だけで葬儀を済ませた後で、ハガキで知らせるつもりだったのね。だから通夜はいいんだけれど、告別式は家族だけでやらせてほしいので、遠慮して頂きたい」と言いました。腹たつし。
すると「そうは建前上行かないんだよ」と。建前・・・まったくね(呆
「そちらの建前とかじゃなくて、私達、ずっと介護してきた私達の意見を優先させて」というと、しぶしぶ納得。
夫も呆れてしまっていて、「本当は通夜も来てほしくない」と。
以前、母が病気ではあったけど、まだ頭がしっかりしていて、まだ祖母が生きていた頃、時々祖母に電話をしていたんですよ、私。母が祖母の声を聞きたがるから。
数回そんな事があった頃、母の実家から電話があり「悪いけど、もう電話してこないで。」と言われたんですよ。病人から電話もらっても何も出来ないからだそうです。
ハラワタ煮えくりかえりました。
その数年後、私が事故で入院した時、夫が頭を下げて、しばらく介護を手伝って欲しいと挨拶に行ったら、「いやよー無理無理」と断ったそう。それでもむかついていました。
やはり数年前、母が足に障害がでて通院していた時、偶然叔母にあったんですよ、病院で。
私が「お母さんの人生って何だったんだろうね」と言うと、あっさり「それがこの人の運命でしょ」だって。
簡単に言ってくれるなよって腹が立ちました。
父が母の身内は薄情だと言って嫌っていたのが心から分かりましたよ。
年が明けて、葬儀を済ませたら、二度とお付き合いしたくありません。
母方には、ここに越してきた時、連絡してなかったのに、ここの電話番号と住所を知っていたんですよ。
叔母に聞くと、息子が某市役所勤務だから、川越市役所のPCにオンラインで入り込んで調べたと聞き驚き。それって犯罪ですよね?個人条坊がダダ漏れって事だし。それも許せない事の一つです。
叔母は「言わないでね、息子がクビになっちゃうから」だって。約束出来ないな。
収入とかも調べられるもんね。有りえない。だから二度と付き合いたくないです、母には悪いけど。
その反対で、腹違いの姉夫婦と、その子供達は、賢明に力になってくれ、相談に乗ってくれてます。父方ですね。私は、こちらで育ったので安心します。
母方には、告別式は家族だけといってますが、本当は姉夫婦たちも参加します。
本当に悲しく思ってくれる人だけで送りたいです。
あとは、介護が終わり、葬儀が終わり、気が抜けて私自身がボケたらどうしよう?と不安です。

さて、今日で1年が終わります。
皆様、新年のあいさつはできませんが、良いお年をお迎えくださいませ。
1年間、お世話になりました。ありがとうございました。
by cecilia-1127 | 2012-12-31 18:37 | 家族
昨日から、皆様からの暖かいコメント、心より感謝申し上げます。故人も喜んでいる事と思います。

今日は午前中に遺体を葬儀場に移動しました。
小さい家族葬用の場所です。
その後、母の実家の墓がある菩提寺の住職に会う事になっていたので、お寺へ行って来ました。
母は派手な事を望んでいなかったし、戒名も、叔父、叔母から祖父母に合わせず、簡単な物でいいんだよと言われていたので、そのつもりで行きました。
住職に会うと、いろいろ聞かれ最後にお車代は別として読経の費用と戒名の料金を聞くと、驚いてしまいました。え???って耳を疑う金額。
それを「はい」ってすぐに出せる家族ってどれだけいるんだろう?
生命保険等に入っていた方はいいけれど、母は古い人間だったので、入ってなかったんですね。
なので、入院したって自腹。つまりはパパの負担。
長患いで出費が続いた事、子供達にお金がかかる事、生命保険等一切ない事を伝え、叔父叔母に言われたように、一番安い戒名で良いと伝えても、3桁・・・
しまいには「なんならローン組んでください」だそう。
お坊さんってさ、人を導く人なんじゃないの?借金を勧める?払えるよ、払おうと思ったらね。
でも、なんかその一言でそのお坊さんが凄く嫌になってしまい、「予想以上の金額ですので、一旦帰って、相談してから連絡致します」と言うと、「ローン組めますよ」だって。
それにね、それこそ私が結婚する前に母が「私が死んだら、実家の墓に入れてね。お前はお嫁に行って、そっちのお墓に入るんだからね」と言っていたので、実は余り好きではない母の実家と連絡を取って、お墓の件を打診していたんですね。母の弟が「俺はいいんだけど、一応長男に話するから」と言ってくれていて「連絡したら了承してくれてるよ」というので今日寺へ行ったら、住職が勝手に長男の家に電話をして確認したらしく「お墓の件ですが、長男の〇〇さんに先程電話したら、ご存知無いようでしたよ」と言われビックリ!
段々わずらわしくなり、パパと家へ戻り、あれこれ話して、パパがお墓を立てて、そこに母を入れると言う事になりました。お墓を買って石を立ててもそっちの方が安いじゃ~んて金額提示だったわけですよ。
それでアレコレ調べて、お墓を売っている店に行き、そこがとても感じがよく、さっきの住職とは正反対で、「お墓って、年に4回くらい行けばいい感じじゃないですか?そうそう行かないですよね?だから余りお金をかけて大きい物とかじゃなくても良いと考えます。その分、ご自宅に置かれる仏壇や位牌を良い物にされたらいかがですか?」と仰って下さり、確かに毎日お線香を上げるわけだしなーと思い、お勧めされた墓所を見学に行き、仮予約をしてきました。年があけて、本契約です。
そこはお寺ではなくて、宗教宗派を問いませんっていうアレです。しかもペットもOKだというので、買う事になりました。
そして中には、「戒名なんていらない」という方もいて、生前の名前で入られている方も多々いますよ。そこは考えかたですからね」というのも、好感がもてました。
凄く綺麗な墓所だし、家からも、姉たちの所からも結構近いのでいいかな?と思います。
葬儀屋さんにも、住職の話をしたら「え?そんなに?」と驚かれ「明日また相談に伺います。その時、一緒にお断りの電話をしましょう」と仰って下さいました。寺以外、皆さん母と家族を考えて下さって感謝しました。
お墓は49日には間に合わないそうなので、100ヶ日法要までに作って下さるそうです。
父は別のお寺で(いろいろ事情があって)檀家代表をしたりしていて、父の葬儀は、それは盛大に莫大なお金を掛けて行われましたし、戒名も凄いのが付いてます。そんな父に育てられた私は、それは普通だと思っていたけれど、今回考えちゃいましたよ。
死んでなお、多額が必要だなんて、本当にお金の無い人はどうするんだろう?と。
そして葬儀とか戒名とかって、死んじゃった人には分からいわけだから、残された遺族、家族の、これだけしたんだからという自己満足なんじゃないのかな?と思いました。
神様とか仏様とかって、お金や名前で人を差別しないはずだもの。
なので夫と私は、自分達が死んだ時には、葬儀も戒名もいらいない旨を伝えました。
死してからも子供に迷惑なんてかけたくないし、残ったお金(遺産とか)は、そんな事ではなくて、子供達が仲良く分けたらいいと思いましたよ。
幸い、お墓は今回購入したので、息子は買う心配もないですしね。
死ぬってなんだろうなーと考えさせられた1日でした。
by cecilia-1127 | 2012-12-29 20:17 | 家族
8月に入院し、10月の終わりにも入院して、それでも12日前に「ほぼ完治(寛解状態含む)」という事で退院してきた母でしたが、本日16:03に永眠いたしました。
退院してきて落ち着いていた母は、昨日、久々に訪問入浴で入浴が出来て、訪問診療も受け、火曜日には訪問看護とケアマネージャーの訪問も受けていました。
今後、在宅で過ごしていくため、今まで通りより、さらに快適に過ごしてもらうよう手筈を整えていたところでした。今日も容態は普通だったので、私は大掃除をしていました。
夫が母の様子がおかしいというので見て見ると、喘鳴がしていたので、すぐに本問看護ステーションに電話をし、指示を頂き、合わせてナースがこちらに来て下さり、酸素吸入の用意もし、酸素を吸入し、落ち着いたので帰られました。
その後、ケアマネージャーさんと、ナースの方から今夜からの指示の電話を頂き、話をしている間に、母の喘鳴が落ち着いてきたので、酸素吸入のおかげと思っていましたが、母の最期が近づいていたようです。
虫の息とはこの事なんだ・・・と思うような呼吸になり、不謹慎かもしれないけれど、ゆずの最期もこんな感じだったなという状態になり、逝ってしまいました。
すぐに訪問看護ステーションに連絡して、ドクターやナース、ケアマネが駆けつけて下さいました。
死因は「老衰」でした。
長患いだったので、これと言った服もなく、着替えをどうしようかと思っていたら、娘が自分のお気に入りの浴衣をくれました。
看護師さんと着せて、顔拭いて、口紅を引き、死に化粧を全部ナースの方々が、母の思い出話をしながらして下さいました。
「お母様、ご自宅で逝きたかったのね、だから退院してきたのかもしれないね」と仰ってました。
そして皆が、私に長い介護生活お疲れ様と仰って下さったけど、それと同じだけ、母も病と闘ったんですよね。
やっと楽になった母。異母姉がかけつけてくれましたが「おばさん、良かったね、やっと楽になったね。お疲れ様ね」と言ってくれて、それで私は泣けました。
「良かった」って言ってくれる人はそうそういませんよね。私の苦労を見てきた姉だからです。
随分前に姉が撮ってくれた写真が、母の遺影になるようです。
私は母に「生んでくれてありがとう」と言いました。
もう暮れなので、斎場の空きがないそうで、母の葬儀は1/3,1/4となりました。
一気に正月気分から変わってしまいましたが、亡き父に約束したように、きっちり喪主をつとめ、ちゃんと母を送ろうと思っています。
長い間、ここで私の介護の愚痴等を聞いて下さったり、励まして下さったりして頂き、感謝いたしております。
しばらく忙しくなりそうで、またまた当分更新出来ないと思いますが、私は大丈夫です。
ツイッターとフェイスブックは、ちょこちょこっと更新してますので、探してみて下さい。

お母さん、産んでくれてありがとう。我がままばかり言って、色々な事で困らせて、本当にごめんね。
感謝しても、感謝しても足りないけれど、お母さんの子供で良かったよ。
もう1度、お母さんのカレーが食べたかったです。
優しい介護が出来なくてごめんなさい。
介護が嫌になって当った事もあるけれど、悪態着いた事もあったけど、本当はお母さんが大好きでした。
最近、お母さんと似て来たなとか、お母さんが言っていた事と同じ事を子供達に言ってるなと思う事があります。教わった事は覚えてます。
ちゃんと育ててくれてありがとう。
天国でお父さんや両親にあって、楽しい時間を過ごしてください。
Maman Adieu,adieu・・・
by cecilia-1127 | 2012-12-28 22:43 | 家族
今日は、娘と久々にピンキオへ行って来ました(^_^)v
前回帰国していた時、NZに戻る前に行ったのが最後だったから、7月終わりだったかな?あれ?その後息子と行ったかも・・・???あれれ???

a0150216_181568.jpg

a0150216_1823656.jpg
今日のムニュです。
どれもこれも美味しそうでしょう?
a0150216_18317100.jpg
娘のグレープジュースと、私のグラスワイン白。ピンキオのハウスワインは美味しいですよ。
a0150216_1841062.jpg
壁にかかる絵もフランスですね。
a0150216_185612.jpg
壁の照明。壁の色も、いかにもフランスのビストロっぽいし、照明が可愛いでしょう?
これの他に、天井から下がっている花のような形のランプシェードも、とても素敵です。エチケットルームの壁の色はボルドー。それが又素敵で、ライトも飾ってある絵も、本当に私好みです。
a0150216_1816965.jpg
私の前菜。「ズワイ蟹のババロワ 蕪ケース詰め&トマトのジュレ」です。
a0150216_1818968.jpg
切り口。蕪のケースの中に、ズワイ蟹の身が詰まってます。詰め物の上にはイクラ。このイクラが味のアクセントになります。
トマトジュレと、マヨネーズ風の、もっと軽いソースも添えられていて、イクラを乗せてソースを付けて食べると
蟹、蕪、トマトという、アッサリ素材なのに、とても深みのある味わいとなってました。美味い。
a0150216_18213077.jpg
娘の前菜。「フォアグラのソテー」です。こちらは言わずと知れた美味しさ♪文句なしです。
a0150216_1822248.jpg
またもやシェフからサービスされた「本日のスープ」です。今日は「蕪のポタージュ」です。美味しいねーポタージュって。
蕪ってそれこそ淡泊な素材なのに、深いコクのあるお味。家で作ってみようと思います。アッサリポタージュなのに、コクがある。やっぱりプロの仕事です。
a0150216_18253420.jpg
私のメインです。「サワラのムニエル 牡蠣と白菜のクリームソース」です。メイン、迷ったんですよね。だけれど、私はサワラが好きなので、これにしました。
a0150216_18333391.jpg
切り口。上手く写せなかったけれど、サワラと牡蠣。サワラはふっくらムニエルされていて、加熱すると縮んでしまうのに、牡蠣がプックリしていて臭みも全くなくカンドー(*^_^*)
a0150216_18415543.jpg
こちらは娘のメイン。「白甘鯛の蟹クリームソース 小柱添え」です。
これはね、ソースが美味しいんですよ。甲殻類の旨味のきいたクリームソース。
私達がピンキオに通い出した頃、時々ムニュにあった「ホタテのババロア」が絶品で、それに添えられていたソースに似ていて、とても美味しい❤
娘は鯛が好きだし、白甘鯛って初めてだったので、チョイスしたようです。娘が迷ったのはエゾシカ。
そう娘は鹿肉が好き何ですよ。結局前菜がフォグラで肉だったので、メインを魚にしたそうです。鹿・・・NZにはたくさんあるだろうし。ヴェニソンって有名だよね、NZでは。でもNZではあえて食べないようです。
a0150216_18512866.jpg
私のデセール。1人2品選べるんだけれど、お腹いっぱいだったので、1品で終了。これは「洋梨のババロア」です。甘み控えめで、とても美味しかったです。私はこれにコーヒー。ピンキオは何しろコーヒーが美味しいです。
a0150216_18534843.jpg
娘のデセール。「ジャスミンティーのクリームブリュレ」です。これは子供達の定番です。
私は前菜&メインは魚にしました。この所、胃が調子が悪かったので、フレンチは重いかな?と思っていたんだけれど、魚にしたのでOKでした!
いや~美味しかったです(^_^)v行ける方は是非!!私の1番のお勧め店です。

さて、本当は今日は、娘と母のお見舞いに行き、その帰りにピンキオでランチをしようと話していたのですが、準備をしていたら病院から電話。
ナースの方からで、「どうにか退院が出来そうになりましたので、木曜日にドクターを会見して、日取りを決めて下さい」との事。
もうビックリです\(◎o◎)/!もうすぐ85歳になる高齢の母なのに、2度の肺炎、胸水を超えて、物凄い生命力だなと、ただただ感心しましたよ^^;明日、ケアマネに連絡して、在宅介護の再開をお願いしようと思ってます。

今日、娘と「猫カフェ」なる所へ行きました。
木曜のドクターとの会見の後も、娘と一緒に猫カフェへ行こうと思ってます。
猫カフェの報告は、次回のブログ更新時に。お楽しみに~(*^_^*)
by cecilia-1127 | 2012-12-11 19:14 | 食べ歩き
皆様、随分とご無沙汰いたしております、懲りずにコメント下さる皆様、本当にありがとうございます!
10/29に母が再入院してから、娘が慌てて帰国し、なんとなくバタバタ~っとしておりました。
実際にはね、大した事してないんですけれど、普段ブログを更新するような時間に、ついつい家族でTVを見たり、お酒を飲んだりしてしまい、全然更新してませんでした、すみません

母は、入院当初よりは落ち着いたものの、それはドクターから見たら、だから安心という状態ではないとの事でした。夜に数回、病院から電話もありました。
「心不全を起こしてます。持たないかもしれません」という電話です。
その度慌てて行くんだけれど、どうにか持ち直す母。
医学の素晴らしさと、母の生命力に驚くばかりです。先日は、主治医から電話があり、今後の事を相談したいとの事だったので、前回の入院の時も、同じような内容の電話があり病院へ行くと、退院の話だったので、そのつもりで出かけて行くと、今の病院は救急病院なので、もう少ししたら療養型の病院へ転院を進めるとの事でした。主治医に、もう母が家に戻る事は無いのだろうか?と聞くと、厳しいんじゃないかとの事。
主治医が診察へ行った後、ケースワーカーさんとはなしをして、私としては最後は自宅で看取りたいという思いを伝えました。看護師さんも一緒に聞いてくれて、「最後はご家族様の意思を尊重しますよ。自宅で看たいという人が少ないので、ドクターも転院を勧めたんだと思います。いろいろ環境を整えて考えてみましょう」と仰って下さいました。無機質な病室で1人逝ってしまうより、ここまで介護してきたのだから、私は自宅でと思います。どちらにしても、もう長くないようなので・・・
病院で母を見ていると、生かされていると感じます。もう、天国の両親の元へ行かせてあげたいです。

そんな病院の日。
何が悪いのか、私のキャッシュカードでお金が引き出せなくなっていてビックリ!
入院費もついでに払いたかったんですよ。スマホで一番近い銀行の店舗を探すと、蔵の町の先にあるとわかったので、散歩がてら歩く事に。
歩いていると、お腹がグーグー^^; なんとか銀行で説明して、お金を出せる事になり、さて、そうなると何か食べたい。凄く空腹。
でもね、私は1人で外食が出来ないんですよ。タイ料理のサバーイは大丈夫なんだけどねぇ。
頭の中では、お蕎麦が食べたいなと思っていたので、いつもは本店を利用している「寿庵」の蔵の町店に行くことに。
寿庵HP
a0150216_22194936.jpg
こちらが外観。
蔵造りの町らしいでしょう?
a0150216_22232329.jpg

a0150216_22234140.jpg

a0150216_2223545.jpg

a0150216_2224814.jpg

a0150216_22242325.jpg

a0150216_22244040.jpg
メニューあれこれ。
私がいつも伺っている本店には無いものも多々ありました。やっぱりこれは、観光客相手だからでしょうね。
a0150216_22253354.jpg
まずはビール!たくさん歩いて喉が渇いてました。
これは小江戸・川越の地ビールです。赤い色をしていて、川越名物サツマイモから出来ているそうです。
a0150216_22263617.jpg
味はね、柔らかいビールだと私は感じました。
この日、平日なんだけどお店は混んでいて、私は4人掛けのテーブルについたけど(そこが1番小さい席だった)すぐに男性の一人客(リーマンかな?)がやってきて、テーブルを半分に分けて相席となりました。
ビールを飲み、サービスの葉唐辛子を食べていると、随分たってから私が頼んだ割り子蕎麦3段がやってきあました。
a0150216_22285453.jpg
私も子供達もこの割子蕎麦が大好きです。7段、5段、3段とあって、この日私は3段です。
茶蕎麦が3段に分かれていて、それに合わせて具も3種類。天ぷら(海老とシシトウ)、とろろ、ウズラの卵が付いてます。段数が増えると、具が増えます。子供達は5段か7段を頼みます、一緒の時は。
私は、子供と一緒の時は、鳥わさと蕎麦焼酎の蕎麦湯割りを楽しみつつ、最後のセイロを食べたりしますが、この日は1人だったので、割り子蕎麦を頂きました。
本店と違うのは、運ばれてきた時に食べ方説明がある事かな?忙しそうだったので「大丈夫、分かりますよ」というと、「あ!いらしていただいているんですね、ありがとうございます!!」と言われました。
a0150216_22331189.jpg

a0150216_22332515.jpg
大好きな蕎麦湯❤
美味しいなぁ~やっぱり。
ちなみに、3段は小腹、5段が1人前、7段は大盛りとか書いてありました。
満足して病院に支払いに向かおうと、バス通りから1本脇の道を歩いていると、見覚えのあるワンちゃんが。
このワンちゃん、TVにも何度も出ていて、ご主人の危機を救ったり、幸運を導いていたりするラッキーわんちゃん。お店に入って食事をすると、一緒に写真が撮れるとか。そして撮った方にも幸運が!
でも私、お腹いっぱい・・・今度来てみようと思っていると、私と目のあったわんちゃんが、トコトコとやってきて、私の足にじゃれてきた\(◎o◎)/!
え?え?え~~?これって、これって、何か良い事があるかも~~~???ってな感じで大興奮な私。
ワンちゃんは、洋服をきていて、見るからにご高齢。看板ワンコだけど、ノーリードで、店舗から出てきて、道路をてくてく散策し満足すると戻って行くようです。私が病院に向かっていると、横に着いてきてくれて、見送ってくれました。ワンちゃん、近いうち、お店にご飯食べに行くからね♪
こんな感じに、家と病院を行ったり来たり、家でぐたーっとして過ごしています。母の事が落ち着いたら、普通に更新しようと思っていますので、良かったら懲りずに覗きに来てくださいね。
⇒にTwitterを表示してますが、こちらには毎日いてつぶやいてます。どうかフォローよろしくお願い致します。