タグ:パンetデセール ( 17 ) タグの人気記事

一昨日から、何だか「粉遊び」に夢中な私。え?粉遊びって何かって?
ほら、子供だと、どろんこ遊びとか、砂遊びとかあるでしょう?私の場合、苦手だった粉物作りに
何となく夢中なので、粉遊びですよ(*^。^*)

昨日もバゲットを作った後、以前から試してみようと思っていた「うどん」をHBで作るという事にチャレンジしました。
捏ねをHBにやってもらい、ジップロックに生地をいれて、かかとで数分踏んでから、丸めてジップロックに入れ直し、冷蔵庫で1日寝かせました。
今日は、そのうどんを茹でて、夕飯の汁物代わりにしよう!と決めてました。
a0150216_21322891.jpg
寝かせておいた生地を、綿棒で伸ばしてから、3mm幅くらいに切りました。それをバラバラにして写真。
a0150216_21333069.jpg
大き目の鍋、タップリの湯で10分茹でました。鍋の中でうどんが躍ってますね。
a0150216_21341488.jpg
冷水で何度も水を変えながら洗って〆て、ザルうどんに。
どうです?なかなかちゃんと「うどん」しているでしょう?
以前は、ちゃんと手打ちをしていたんだけれど、疲れちゃうからこれからはHBにお任せします。
息子は、ご飯とオカズの夕飯の、汁物代わりとして食べたけど「美味い!」だって。
それからしばらくして、パパも夕飯を食べると言うので、準備をしようとしたら、
「俺、うどんだけがいいな。量ある?」と言うので、まだ冷蔵庫で寝かせていた、残り半分の生地を全部伸ばしてしまう事にしました。
「うまいよ、これ」とパパ。珍しい、感想を言うとは。
ペロッと完食!やった~(^_^)vこの夏は、食べる分を前日に作って寝かせておく事にしました。
ちなみに、昨日つくった「うどん生地」は、レシピによると3人前って書いてあったけど、我が家だと、大盛り1人前って感じです。
パパと息子が、ちゃんと1食として食べるなら、倍量作ればいいと分かったので良かったわ。
これから、生パスタの生地を作る予定です。
明日は、生パスタでカルボナーラにでも出来たらいいな~と思ってます(^_^)v
そうそう、ラザニアも作ってみようと思ってます。そうなると欲しくなるのがパスタマシン。
検索したら、結構安価で買える。欲しいかも?
だけど、買ったとして、そんなに使うかな?と今は検討中です。あれば便利。うどんも蕎麦もパスタも伸ばしてカット出来るけど、綿棒で伸ばして包丁で切る事も出来るから悩む。
いろいろ課題があって楽しくなってきました。

a0150216_21503529.jpg
これは、今日焼いたバゲット。また違うレシピで作ってみました。
一時発酵までをHBに任せて、その後からは自力。
昨日までと違って、なんとなくクープも開いた!ただ、ちょっと焦げちゃったんですけどね。
あと少し膨らむといいんだけどな・・・
でも味はOKでした。明日も、同じレシピで、発酵時間と焼く温度を変えて作ってみようと思ってます。これ、長さは40cmくらいです。
そして、昨日作ったruggineさんの人参と生姜のポタージュをまた作りました。合うんですよ、バゲットとも。ここ1ヶ月半、ダイエットのために、野菜スープばかりだったんだけど、流石に飽きてきたので、たまにはポタージュが美味しい。とりあえず3ヶ月は頑張ってみようと思ってます。
それにしても、今回のダイエットは全然辛くないので、ラッキーです。

a0150216_21561726.jpg
これは、昨日作った
「こごみ」の煮浸しです。
一昨日、お隣の奥さんから頂いた「こごみ」です。奥さんがご実家に帰ってきて、山から摘んできてくれました。じつは私、こごみ初体験だったので、食べ方とか、処理の仕方を教わって作りました。
美味しいものだったのね~❤でも、スーパーで買おうとは思いません。
また来年、摘んできてくれるそうなので、その季節の自然の物を楽しみにしようと思います。

a0150216_21582748.jpg
これは何でしょう?
お弁当?いえいえ違います。
これは・・・「浅漬け床」です。
ブロ友でもある「やねのうえのわんこ」のkimagure-dogさんのレシピです。
kimagure-dogさんは、余りごはんと塩で作っていて、もう20年も漬けているそうです。
私は、昆布を足してみました。さて、どうなるでしょう?
この中に、キュウリが漬けてあります。明日か明後日が食べごろかな?
これなら海外組でも材料がそろうだろから作れますね。すぐさまモロッコのまりおママさんに、伝えましたよ。ママさんも作ったそうです。
どうなるか、こうご期待!!

a0150216_2244187.jpg
これは、「シリマリン」というサプリメントです。
肝臓の回復に効果があるそうです。欧州では、数百年も前から肝機能改善に用いられてきたものだそうで、「マリアアザミ」という植物から採取されるとのこと。
「マリアアザミ」「ミルクシスレ」「シリマリン」などと呼ばれていて、シリマリンは肝臓に効果のある成分だけを抽出したみたいです。
もうすぐ1瓶終わるので、半月くらい前にリピートで2本オーダーしてあったのが、忘れていた今日届きました。1日1~3カプセル飲みます。私は、朝・昼・晩と1カプセルずつ飲んでます。
人間ドック以来、まだ採血していないので数値的な物は分からないけど、お酒もほぼ飲まず、ほぼ野菜中心の生活の上、ホタテ(肝機能回復に良いらしい)やシリマリンを摂取しているので、少しでも良くなっているといいんだけどな。
ちなみに、しじみ、レバー、うこんなどなど、昔から肝臓に良いとされている食品は、予防には良いようですが、私の様に、肝臓に問題が出ている人間には、返って不向きなんだそうです。
肝臓に負担をかける成分が入っているので、肝臓に負担を掛けてしまうんだそうです。
知らないって怖いですね。頑張って、普通の肝臓に戻るぞ~!!

a0150216_22144026.jpg
今日の小麦。
あれこれ写真を撮っていたら、仰向けのままこっちを見て、この表情。
「何みてんにゃ~!うるにゃい!!」って言っているようです^^;

今年のGWは、我が家は暦通り。息子に至っては、大学は普通授業だそうです。暦通りどころじゃなくて、通常授業だそう。
GWに普通に授業をしておいて、夏休みを長くするんだそうです。
まあね、その方が、先生も地方から出てきている生徒さんも、実家に帰ったり、旅行をするのも楽なのかもね?まぁ、私としては、パパが休みでも息子が学校だと、朝寝坊出来ないから大変だけど、
出かける予定もないので、パパと庭の草むしりをしてから、レンガを敷くか、芝生を植えるかなど、庭いじりと粉遊びで過ごす予定です。
by cecilia-1127 | 2012-04-25 22:18 | 料理
先日、パパとTVを見ていたら、「煉瓦亭」の元祖オムライスを紹介していて、それは、私達がイメージするオムライスとは、ちょっと見た目が違うんだけど、パパが「これは、美味そうだなぁ」と何どかつぶやいていたので、レシピを検索。
昨日作る予定が、パパ、風邪気味で体調不良。うどんが食べたいとの事だったので、昨日は止めて、今日作ってみました。
a0150216_1953294.jpg
分かります?
チキンライスでも無ければ、卵で包んでもいないし、半熟卵オムレツが乗っていて、割ってとろ~んとさせるわけでもなく、醤油と砂糖で味付けしたライスと具材を、卵液の中に混ぜちゃってから焼いてあるんですよ\(◎o◎)/!
昔の日本人に合わせて、ケチャップではなくて、醤油と砂糖という味付けなのでは?
「煉瓦亭元祖オムライス」のレシピに飛びます。
私は、食べ盛りの息子用に作ったので、Lサイズって感じの出来上がりとなりました。
a0150216_1959454.jpg
角度をちょっと変えて、アップにしてみました。
卵に包まれるのではなくて、一粒一粒に絡んだ感じです。
味見。
そぼろご飯に卵が絡んだ味なんだけど、そこにケチャップが掛かって、しっかりと洋食になっています、びっくり!!美味い。
確かに、昔の日本人には、チキンライスより、こっちの方が馴染みやすかっただろうなと思う。
このメニューは、今も現役メニューとしてお店で出されているようなので、いつか食べに行ってみたいものです。

さて次は、これもやはり作りたい作りたいと思っていた物で、昨日から風邪気味だというパパに丁度良さそうなので、作ってみました。
「カザルパロッコの猫のruggineさん」のレシピです。
「にんじんと生姜のスープ」です。
生姜がたっぷりだし、人参は栄養たっぷりだし、体にとっても良さそう!それに、これだったら、ダイエット中の私でも食べられるでしょう?
a0150216_2093310.jpg
食べる時に、オリーヴオイルとパルメザンを掛けてね!との事だったので、かけて見ましたよ。
人参の甘さと、生姜のピリっと感が凄くマッチしていて、体がポッポポッポしてきますよ(^_^)v
ruggineさ~ん。毎回美味しいレシピをありがとう。
Grazie per il pasto!!

a0150216_20181759.jpg
昨日買ったフープロで、バゲットの生地を作ってみようと思い、パン作りもしました。
でもね、フープロだと途中から上手く回らなくなったので、結局HBの捏ねだけ使って、あとは手作業で作りました。
ミニバゲットが4本出来るんだけど、焼きあがったら息子が2本、私が大事に使っているフランスはブルターニュ産、なかなか手に入らない「ボルディエ」の海藻入りバターをじゃんじゃん使って食べていました。残念なのは、上手くクープが開かなかった事かな?
原因は分かってるの。クープナイフが無いから。Amazonで買おうかな?でも、カミソリで代用しちゃおうかな?スパッと切れ込みを入れたい・・・
そうそうAmazonと言えば、昨日の夜オーダーしておいた「モルト・パウダー」が早速届きました。
カルディにも無かったから、どうしたものか?と思っていたけど、Amazonって本当になんでもあるのね。大助かりです。「セモリナ粉」も「シリマリン」という肝機能復活に良いサプリも、フランス語の本各種も、私の身の回りのいろいろな物でお世話になってますねぇ。
日付で言えば、同日の夜中に頼むと、同日の夕方には届くっていうのも素晴らしい!これからも、いろいろ買っちゃうんだろうな、私。
a0150216_21481350.jpg
20g×5袋で、790円だったかな?丁度送料無料だったので、ラッキーでした。
これはバゲットなどのハード系のパンを焼く時に加えると、焼き色や香りが良くなるんだとか。
せっかくリスドオル(フランスパン用小麦粉)があるので、買ってみたら、よくよくリスドオルの表示を見たら、「麦芽」って書いてあるから入っているんだね・・・
1kgに2g位しか使わないので、当分焼けそうです。たーのーしーみー♪
a0150216_21515315.jpg
こちらは、昨日買って来た、2kgまで計測できるデジタルスケールと、フードプロセッサーです。
計量が凄く楽になりました。
フープロは、前のが壊れて2台目。前のは刃が折れちゃったんだよね。今度は大丈夫かな?保障がついているけど、どうだろう?
これらと、ホームベーカリーを駆使して、今まで苦手としてきた「こなもの」に、いろいろチャレンジしてみようと思ってます。
そうそう、今日は、HBをつかって「うどん」も作ったんですよ(^_^)v
冷蔵庫で寝かせてます。
パパが風邪気味だったから、また「うどん」って言われたら手打ちを出せるように、作っておきました。明日、夕飯の時に出してみようと思ってます。
う~~んたーのーしーいーーー❤
課題としては、生フィットチーネ、生ラザニア、蕎麦、小龍包など皮を作ってみようと思ってます。

今日は、もう1つ作りたい物があったんだけれど、「余りごはん」が微量だったので、明日に持越しです。お楽しみに~(^_^)v
by cecilia-1127 | 2012-04-24 22:01 | 料理
この所、何かちゃんと作った記憶がない。
なんとなく、間に合わせの手抜き料理ばっかりだったので、ふと思い立ち、漫画「おせん」に出てくるハンバーグを作る事にしました。
「おせん」は、料亭の女将。まだ若いお嬢さんなんだけど、1本スジがすっと通った、書くならば
平仮名の「をんな」と表現するのが1番な女性。
女版魯山人とでもいうか、書も陶芸も料理も出来るという美人が主人公の漫画。
料亭なので、和食はいろいろ出てくるけれど、珍しく「ハンバーグ」が登場する回がある。
「わっちもたまにゃ、ハンバーグ」なんてタイトルだったはず。
ずっとずっと気になっていたんだけれど、なにしろ手間がかかりそうなので、いずれ・・・と思ってのびのびになっていたのを、今日作ってみました。
こんな感じ。
a0150216_2035242.jpg
どうでしょうか?
菜の花の煮浸し、新たまねぎ、わさび、レモンを添えたハンバーグ。
漫画には、これといったレシピとか量が出てないので、私なりに漫画と照らし合わせて作ってみました。
<<材料>>
牛肉(赤身、タン、ホルモンなど合わせて)  400gぐらい
長ネギ(みじん切り)            1本
生姜                    すりおろし大1
にんにく                  すりおろし大1
塩&コショウ                適量
小麦粉                   大2
酒                     100cc
みりん                   大2
醤油                    大2~3
レモン汁                  大1
カットしたレモン              2切れ

<付け合せ>
菜の花                   適量
出し汁                   適量

新たまねぎ                 適量 薄い輪切りにして、水にさらす

生わさび                  適量(無ければチューブわさび)

<<作り方>>
1・ 牛肉、それぞれの箇所を繊維に対してカットしたら、クロスするように更にカットしてから
   後は、包丁で叩く!叩く!!叩く!!! (粗挽き挽肉状態にする。細かくしすぎない あく
                       までも「粗挽き」)
2.  ボウルに1の肉、摩り下ろしたショウガ、ニンニク、みじん切り長ネギ、塩、コショウ、小麦   粉を加えて良く練る
3・ フライパンに牛脂を入れて、2のタネをまとめてから入れて焼く。
   中央をくぼませて、中火で加熱。
4.  ひっくり返したら、少し火を弱めて、日本酒を入れ、蓋をして蒸し焼きにする。
5.  菜の花は、塩を入れた湯で軽くゆがき、出し汁(好みの)に付けておく。
6.  玉葱は薄くスライスして、水にさらしておく。
7.  4のハンバーグが焼けたら、皿に取り、フライパンに、みりん、醤油、レモン汁をいれて
   泡立つくらいまで加熱。
8.  7のソースをハンバーグにかけ、新たまねぎのスライスを乗せ、菜の花とレモン、わさびを添   えたら出来上がりです。

私はダイエット中なので、2口程味見。息子は食べて、「ん~!これは美味いっ!!」と言いながら、あれこれ食べ方を試してました。
まずはそのまま食べる。わさびを付けて見る。タマネギと一緒に食べてみるなど。
「うちのハンバーグは、これがいいね」だって(^_^)v
今度、娘が帰国してきた時はつくってあげたいな~と思いましたよ。
食感が、よくあるハンバーグとは違いますよ。
粗挽きなので、肉を食べているって感じがちゃんとするし、ホルモンなどを刻んだのが時々歯にあたるので、新鮮は食感。
肉を食べてる感満載です!
面倒だったら、フープロを使っちゃってもいいのかも??とにかく「ひき肉」ってイメージのハンバーグとは、ちょいと違いますので、是非お試しを。
これならモロッコでも、どこでも牛の肉があれば作れますよ。美味しかったよ(*^。^*)

a0150216_20594237.jpg

こちらも「おせん」に登場する「鯵の酢〆飯し」です。以前も1度作り、とても美味しかったので、先日作ったものです。
新鮮で生食可の鯵が売っていたので、2尾購入。
3枚におろします。
a0150216_2161829.jpg
3枚におろして、両面に塩をたっぷり振ります。これで1時間程度冷蔵庫で保存。
a0150216_217974.jpg
塩を流してから、タップリのお酢に漬けます。だいたい15分くらい。
a0150216_2175762.jpg
鯵の皮をひきます。
酢で〆てあるので、するっと引けますよ。
a0150216_2183224.jpg
後は、ただひたすら、骨という骨を引き抜きます。刺さったら大変なので、反対の手で骨を確認しつつ、丁寧に。
お刺身をつくるように切りましょう。
あとは自分の好みで酢飯をつくり、そこに、沢庵をみじん切りにして混ぜます。
(もう1つのパターンでは、生姜の甘酢漬けを刻んで混ぜます)
茶碗に酢飯をよそい、鯵を乗せて、その上に摩り下ろしたショウガをチョコンと乗せたら出来上がり!食べる時に、本の少しだけ醤油をたらして、さあ、めしあがれ~!!
おせんさん曰く「こんなもなぁ、お行儀決めてもしょうがない。思いっきりかっこんで!」だそうです。これから夏には、とってもサッパリ食べられるのでお勧めです。
写真の鯵も酢飯も、ちょっと黒っぽく見えるのは、我が家が黒酢を愛用の為です。
気になる人は、黒酢以外で作れば、綺麗に出来上がりますよ。

a0150216_21181762.jpg
これは今日、ホームベーカリーさんが作った、食パン型のフランスパンです。
いつもは、普通の強力粉で作っていたんだけれど、イマイチなんか違うので、「リスドオル」という、ハード系のパン専用の小麦粉を買ってあったので、初めて作ってみました。
いつもは、捏ねをHBにやってもらい、その後からは自分で作っていたんだけれど、今日は、最初から最後までHBで試してみました。
リスドオルを使うと、こんなにもフランスパンになるもんなんですね~
焼き上がりの香りから違うんだもの。
次回は、捏ねだけHBを使って、ちゃんとしたバゲット型で作ってみようと思います。
リスドオルは、カルディで買いました。1kg600円くらいだったので、特に高い訳でもないようです。
最近、熱を出したり、薬の副作用のせいなのか、全身が痛くなってしまっていて、本当に手抜きしかしてませんでした。
幸い、家人達は「毎回こんな程度でいいんだけど」と言ってくれているので、気はラクなんですけどね。体調が復活したら、もっとちゃんと料理をしようと思います。
今日は久々にあれこれやってみて、とても楽しかったです。

今週のお花
a0150216_21234426.jpg
今週のゆずのお花は、百合とカーネーション。
私、百合が大好きなんですよ。百合とバラ。
なので今日は、百合とカーネーションのセットを購入。
先週のかすみ草と紫の花は元気なので、一緒に活けました。

さて、ゆずとの思いで話しを1つ。
娘が小学校の頃、鍵盤ハーモニカのテストがあるので、家で練習を始めたら、なにやら遠吠えを始めた。娘が引くと「うぉうぉ~ん♪」一緒に歌っているのか?
弾くと「うぉうぉ~ん♪」数回繰り返し、最後は、手を噛んだ!\(◎o◎)/!不快だったのか?
そしてその後、TVの主題歌を口ずさむ息子に、「うぉうぉ~ん!」なんか本気の遠吠えっぽい。
無視して歌う息子。「うぉうぉ~ん!」とゆず。
無視して歌っていると、背中の毛を逆立てたゆずがダッシュして、息子を噛んで逃げた\(◎o◎)
これは間違いなく不快だったんだな・・・(爆
ちなみにその歌は、山下達郎氏の「あ~な~たと二人で、い~きてゆ~きたい」という、「薔薇の無い花屋」というドラマの主題歌です。
今でもその曲がかかり、つい口ずさむと、ふと、ゆずが後ろで「うぉうぉ~ん」と言い出すんじゃないかと思ってしまう我が家族です。
by cecilia-1127 | 2012-04-21 21:31 | 料理
私がお菓子作りをするのは、滅多にないことなんだけど、この前、パパとロイヤルホストに行った時、レジカウンターにならんでいたクッキーを買ってもらったの。
それこそ滅多に食べないお菓子なんだけど、久々に食べたら美味しかったので、ネットであれこれレシピを検索して、作ってみましたよ、アメリカンクッキー・しっとりタイプ。
a0150216_1634540.jpg
ペーパータオルを敷いて、乾燥剤を入れて、こんな瓶に詰めて見ましたよ(*^^)v
可愛いでしょ?
a0150216_16345828.jpg
アップにすると、こんな感じです。2日連続で作ってしまいました。珍しく息子が、「これ、美味しいね」といいながら、パクパク食べたからね。
<<材料>>
小麦粉  180g
砂糖   130g
バター  100g
全卵   1個
塩    小1/3
チョコ  板チョコ1枚
ベーキングパウダー 小1/4
バニラエッセンス  適量

<<作り方>>
1 板チョコをホイルに包まれたまま、バキバキっと砕いておく。冷やしてからだと楽です。
2 ボウルに、バターを入れて、クリーム状になるまで練り、砂糖を数回に分けて入れ混ぜる。
3 溶き卵を、2に、3回に分けて入れて混ぜる。バニラエッセンスも加える。
4 粉類をふるっておき、3に入れて、ざっくり混ぜる。チョコチップも混ぜる。
5 オーブンを、170~180度くらいに余熱。
6 天板に、4のタネを、スプーン2本を使ってドロップ状に落とす。スプーンの背で少しつぶす。
7 6を、170~180度のオーブンで、15~20分焼く。
これで、出来上がりです。
各オーブンによって、温度の差があると思うので、加減をしてください。
軽い焼き色が付けばOKです(^_^)v

a0150216_16423856.jpg
こちらは、イングリッシュ・スコーンです。ケンタッキーフライドチキンの、ビスケットのような物ですね。
子供の頃に読んだ、「大草原の小さな家」や「赤毛のアン」のお料理ノートという、レシピ本に出ていたレシピを、私が勝手にセシリア風にアレンジしたものです。
<<材料>>
小麦粉   230g
バター   50g
砂糖    20g
塩     小1/2
プレーンヨーグルト 50g
牛乳    100cc
卵黄    1個分
ベーキングパウダー  小1弱

<<作り方>>
1 小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーをボウルに入れて、軽く混ぜておく。
2 冷えているバターを1に入れて、手で擦り合わせて混ぜる(小さい角切りにしておくと楽)
  粉がポロポロになるまで、すり合わせる。
3 ヨーグルト、牛乳をいれて、ゴムべらで混ぜ合わせる。
4 手で1つにまとめて、冷蔵庫で2~3時間寝かせる。
5 4を取り出して、打ち粉をした台にのせ、1cm厚さに伸ばす。
6 5を半分に折り、軽く伸ばしてから、好きなサイズに抜く。生地の表面には、打ち粉はしない。
  半分に畳んだときに、生地同志がくっつかなくなります。
7 6を天板に並べ、卵黄と少量のミルクを溶いたものを、表面にぬる。
8 7を、200度のオーブンで18~20分焼く。
これで出来上がりです。
焼き立ては、本当に美味しいですよ(^_^)v ジャムや、バター、メープルシロップや、クロテッドクリーム等々、好みの物をつけて、めしあがれ~♪

今日は朝から、今まで使っていた、ソファや家具を捨てました。
パパがダンプに乗り換えてきたので、荷台にあれこれ捨てたい物を積んでもらって、パパが会社に荷をおろしに行っている間に、私が家の中の整理をしてました。
10年ぶりに家具をどかした床は、すんご~いホコリ!!
TVも床に直か置き中~ TVくらいしか残ってないリビングは、広いけど、殺風景。
リビングのテーブルも捨てちゃったから、1番大きいスーツケースを横にして、テーブル代わり。
今までの家具の引き出しにはいっていた物、物、物!
成績表やら、写真は大事にとっておいて、いらない物は、じゃんじゃん捨てたよ(^_^)v
DVDやCDも、本当にいる物だけ残して、捨てたよ。
売れば良かったかな?でも、面倒だからいいや。
漫画も、いらないのは捨てた。ワンピースは当然残してありますよ~ あと、料理漫画とかね。
DVD+VHSのデッキも捨てた。
新しくするからいいんだって。残ったのは、TV,DVDデッキ1台、複合FAX,電話くらい。
週末に新しい家具が届くから、それまでは、貧乏くさいリビングで過ごすことになりました(汗
いや~疲れました。
なので、今夜は、「ガストのデリバリー」で済ませてしまいましたって、パパのお支払いなので、ラッキー☆
味に期待をしたら残念なガストだけど、こんな時には、本当に便利です。
大晦日が近づくと、ガストデリバリーを多用する我が家です。
by cecilia-1127 | 2011-12-07 17:04 | 料理
今日は、久々に、ラーメン味平に行って来ました。
息子が夕飯に、あじ平のラーメンが食べたいと言い出したので、久々の訪問です。
この前伺った時、東北のお酒や、ツマミを充実させていて、吞んでみたい!と思っていた、
宮城県のお酒「伯楽星」まで揃っていてビックリ!
このお酒、TVでも取り上げられたんですけどね、3/11の震災で、蔵元も被災してしまい、わずかに残ったお酒と、菌で、販売を再開したとやってました。
すぐに取り寄せようとしたのですが、在庫も少なく、もっと早く取り寄せをした方がたが、商品待ち状態で買えず。
まさかの、あじ平にあるなんて!と思った前回の訪問時。
すでに生ビールを飲んでしまったので、次回、必ず吞むぞ!と思ってました。
今日は、ラーメンは頂かず、伯楽星と、おつまみ3点盛りを頼みました。
a0150216_2092662.jpg
こちらが「伯楽星」です。
1合780円。
枡に1合コップが入って、コップからあふれるまで注いでくれて、うきうき~❤
香りをかいで、まず1口。
とても女性的な味。辛口ですね。美味しい。
女性も吞みやすいと思います。喉に、す~っと落ちていく感じ。
ちょびちょびと吞み、おつまみつまんでました、私。
a0150216_20115771.jpg
おつまみ3点盛り。
メンマ、東北のなめこ、東北の山菜と、ネギの千切りが盛られてました。
この他にも、東北の物を使った、ラーメンメニューも出来ていたので、きっと大将は、東北の方なんだろうな?と思っていたら、九州の方でびっくり!
被災地の為に、メニューに加えられたようです。
息子は、ここでは必ず、とんこつラーメンを食べます。娘もかな?
息子「だからか~」と一言。九州の方だから、とんこつが美味いんだなって。
家族で納得。大将曰く、相当関東バージョンにしているとか。
九州のままで作ると、万能ねぎや、高菜、紅ショウガを残す人が多かったんですって。
そのままの方が、美味しいと私は思うけど、関東に合わせてくれたんですね。
a0150216_20154279.jpg
ここは、餃子がとても美味しくて、私は大好きです。6個1人前ですが、パパと私が1個ずつ食べてから、写真を思い出したので、4個しか写ってません。確か250円だか280円とお安いです。
私は、辛みそのタレで食べるのが好きです。
パパは、スタミナラーメン味噌味(いろいろな具全部入り)で、息子は、トンコツラーメン。
ラーメンの写真を忘れてしまいました。
大将が私に、「どんな日本酒が好きですか?」と質問してくれたので、「加賀鳶の超辛口が好きです
。フルーティとか、すっきりとかでなくて、辛い!って感じで、男の方が好むような辛口の酒が好きです。大吟醸とか純米で辛口がいいな~」と言うと、「根っからの酒吞みっすね」だって(笑
「なんでも飲めますが、おおよそ、女性が好む酒は飲みません。」と言うと、「ほほ~」という感じで、ショットグラスに、お勧めの日本酒をサービスして下さいました。
「感想聞かせて」って。
吞んでみた。ズキュン!と辛口。
「伯楽星は、女性的な味で、こちらは、ズキュンとくる感じですね。私は、こちらの方が好きかな?」というと、「でしょう?こっちの方が、ガツンと来ますよね~ 新潟の淡麗辛口なんですよ」と教えてくれました。
芋焼酎もそろっていて、「あ~私も芋派ですよ!臭ければ臭いほど好き」と言うと、大きく微笑んでくれましたよ。
大将は、居酒屋やっても成功すると思うな~(*^_^*)
また行って、いろいろ日本酒を教えてもらおっと。

先日ブロ友ruggineさんの「カザルパロッコの猫」で紹介されていたパン、「パーネ ディ パターテ」が気になって気になって。
ネットでレシピを検索しても、この名前だとヒットせず、「じゃがいもパン」で検索したら、出るわ出るわの、ジャンジャン横丁!って感じだったので、その中から、見た目が一番近いもののレシピを、私アレンジして、作ってみました。
a0150216_20372396.jpg
12個焼きました。
1個は、だいたい、直径10cmくらいの小さいパンにして焼きました。食べきりサイズです。
a0150216_20382079.jpg
割ってみた。どお?
外はパリッと、中はもっちりです。じゃがいもの、ほのかな香りと、塩味。美味しいです。
セシリアアレンジレシピです。
<<材料>>
強力粉    200g
セモリナ粉  100g
イースト   6g
砂糖     10g
塩      5g
ぬるま湯   120cc
バター    大1
じゃがいも  150g(マッシュポテトだったら、粉末50gを固めに戻して使う)
オリーブオイル 適量

<<作り方>>
1・ジャガイモは茹でて皮を剥いて、マッシュする。粉末のマッシュポテトを使うなら、50gを、
  普通のマッシュポテトを作るより(箱の表示より)固め、少な目の水分で戻して使う。
2・HBにオリーブオイル以外を入れて、生地コースで20分。
3・取り出して、30分1次発酵させる
4・ガス抜きをして、12等分して、丸めて、ぬれぶきんを掛けて、20分休ませる。
5・楕円でも、丸でも、好きな形に成形して、濡れふきんをかけて20分2次発酵させる。
6・クープを入れて、オリーブオイルを表面に塗って、210~220度で20~25分焼く
出来上がり~♪
美味しい!もちもちっと美味しいです。
息子も、ばくばく~って食べてくれましたよ。
ruggineさんのとは、全然違うんだろうけど、これはこれで、美味しかったです。
お試しあれ~♪
by cecilia-1127 | 2011-10-13 20:49 | 食べ歩き
ブロ友のmittun-chasukeさんのブログで紹介されていた、ローズマリーのクラッカーを作ってみました!
a0150216_19314319.jpg

a0150216_1932550.jpg
どうかな?
私の岩塩は、ピンク色をしているので、mittunさんのとは、見た感じがちょっと違う。
でも、これ良いです。
焼いている間から、ローズマリーの良い香りが、キッチンから漂ってきます❤
食べてみる。良い、良いよ~(^_^)v
甘い物が苦手な私には、丁度良い塩加減!
このまま食べても、サラミなんかを乗せても、きっと美味しいだろうなぁ・・・
ガーリックバターとか、チーズを乗せても、きっと合うはず。
次回は、もう少し小さいサイズで(それこそクラッカーのサイズ)で作ってみよう!
mittunさ~ん!美味しいレシピをありがとうね~(^o^)/

a0150216_1937321.jpg
これは、今夜の肴にと作った、インゲンのトマト煮です。
ギリシャ在住ギリシャのごはんのsalahiさんのレシピを使いました。
よく、オクラのトマト煮は作っていたのですが、我が家の冷蔵庫には、インゲンがあったので、salahiさんのブログでレシピを探していると、あったんですよ、インゲンのトマト煮が!
私は、こういった野菜の1品が大好きです。
ホッとします。オクラで作っても、とっても美味しいので、お勧めします♪

今日は朝から、何だか頭が痛い。微妙な痛みです。
なので、パパに頼んで、久々に外食しました。私の希望でラーメンです。
前回も紹介した「めん丸」です。
a0150216_19464422.jpg
餃子1人前5個(3個も有ります)普通に美味しい。
a0150216_19473985.jpg
パパが頼んだ塩ラーメンに、バターをトッピングしたものです。
最後にスープを飲ませてもらって、驚きました!
塩!塩!!塩~!!!塩辛くて、飲めません。
このお店、チョイスによって当たり外れがあるのか、味見をしていないのか?
あの塩のスープを飲める人は、そうそういないと思います。
アンケートがあったので、その他は満足だけれど、塩は濃過ぎと書いて来ました。
ツメが甘いんだよな~
a0150216_19501187.jpg
息子は初体験。
息子が頼んだ、こてっぱチャーシュー麺です。
私が初めて入った時は、こてっぱラーメンに煮卵トッピングでした。
卵が1個半入ってきて驚いたけど、なるほど、最初に半分乗っているから、トッピングを頼むと更に1個入ってくるってことなのね。
この店、出来たら写真入りのメニューがあったら分かりやすいんだけどなぁ・・・
息子の満足度、普通だそうです。
a0150216_1953151.jpg
私は、前回と同じ、辛味噌野菜ラーメン、辛さLというものです。
ここの野菜ラーメンの野菜の多さはありがたいです。
辛さLも、さほど辛くもありません。今度こそ塩を食べようと思っていたのに、また辛味噌にしちゃいましたが、パパの塩のスープを飲んだら、選ばなくて良かったと思いましたよ。
っていうか、パパが気の毒だったな。
それにしても、塩田に転んで塩をなめちゃったかのようなスープ、あれ、たまたま今日だけだよね?ずっとあれだったら、脳血管障害誘発ラーメン屋だよ^^;
それから割りばしを持参しました^^;
太い、プラスティックの箸なので、滑ってしまうんですよ。食べづらいけど、エコだし、パパと息子は、お店の箸を使ったけど、私は割り箸つかっちゃいました。次回は、マイ箸持参します(^_^)v

夜は、どこかで遊んでいるんでしょうね、猫だから。
でも、私が起きる早朝4時には、すでに我が家のベランダにいる、捨てられ猫(?)ジジです。
a0150216_20094.jpg
グースカピーです。
a0150216_2003859.jpg
肉球見せてもらった❤
a0150216_201641.jpg
撫でてみる。
a0150216_2013479.jpg
いきなりの、大あくび!
可愛いね~(*^_^*)
でもジジってね、もんの凄く声が大きいの!朝っぱらから、迷惑だよぉ~っていうくらい大きい声です。もうちょっと小さい声ならいいんだけどなぁ・・・

a0150216_2034828.jpg
小梅に、レタスとアメリカンチェリーを渡したところ・・・
え?おいおいそっちかよ?って言う感じ?レタスを鷲づかみですよ(笑
チェリーに行くかと思ったから、おかしくなっちゃいましたよ。
フルーツより野菜、私と同じだぁ~

昨日ここに書いた、A君ですが、今は何の連絡も有りません。
という事は、まだ大丈夫という事かな?と勝手に思ってます。48時間以内に出血しなければ良いなら、あと1日弱。頑張って!!
NZの空の下、昨日泣いていた娘も心配です。
どうかどうか、悲しみがこれ以上になりませんように・・・(願
by cecilia-1127 | 2011-06-08 20:13 | 料理
昨日の日曜、家族でお墓参りに行きたかったのに、まるで起きない子供達。
あっさり中止。
でも良い天気だったので、パパと2人で、いろいろと娘の物などを買いに行きました。
スカイプのセットを2つ、娘愛用の炭のスクラブの入った洗顔料(これ、なかなか売っている店がないんですよ)を5本、デジカメの要領の多いカード、NZ用のコンセントを3個(これにPCの日本のコンセントを刺して使うやつです)それこそ日本製の生理用品などなど。
だけど、家族へのお土産と、PCのバッグが見つからず、今日、1人で買い物に出かけました。
だって自分の事なのに、娘、起きないんだもん^^;
街中へ行くと、デパートで、「長野・新潟物産展」をやっているのを知ったので、まず、PCを入れる衝撃吸収バッグを買い、娘のPCのマウスを私が使っているので、マウスを1つ(コードレスのやつ)を買い、いそいそとデパートへ!!
a0150216_2011404.jpg

野沢菜おやきを2個と、しめじおやき1個、ゆずの香りが凄く良かった七味唐辛子を買いました。
本当は、新潟の三条燕から出店されていた店の、プロ仕様の包丁を買いたかったけど、高価だったので、これは、パパに相談してから買う事に。
包丁、突然本当に突然、全然きれなくなったの。
昨日、ダイヤモンドシャープナーってやつを買って研いだら、尚更切れなくなった(-_-メ)
今帰宅してきたパパに、包丁が欲しかったけど、2万円もするから、買わなかったと話をすると、
「かっぱ橋とか言って買ってあげるよ」というので、それを待つ事にしました。嬉しい♥
おやきは大好きです!!
中身が野沢菜が1番好きです。茄子を炒めたのも美味しいし、ふき味噌も美味しいんだけど、今日は出てませんでした。
1つを帰宅して食べました。あ~美味しい♥今度自作してみます。
a0150216_20171817.jpg

これ、早朝に思い立って作った、エジプトのモロヘイヤスープと、エイシ(アィシェ)などと呼ばれる、平焼きパンです。
私が好きな作家「k・m・p」さんの「エジプトぐるぐる」という、エジプトを2人で旅した、エッセイ&イラスト&写真の本で知って、モロヘイヤが売っていたら、絶対作る!と決めてました。
モロヘイヤは、娘が超こまかく叩いてくれました。叩き終わって、朝6時頃寝た・・・
<<材料>>
モロヘイヤ  1束
にんにく   1片
パクチー   好みで
チキンスープ 800ccくらい
塩&こしょう 適量
油      適量

<<作り方>>
1 モロヘイヤは、葉だけを取り、ひたすら、ただひたすら、包丁で叩いて細かくする
2 鍋にチキンスープを沸かして(スープのキューブとかで)
3 ニンニクをみじん切りにし、パクチーと共に油で炒める
4 2のスープを3に少し入れて、それを2の鍋に戻し、1のモロヘイヤも入れる
5 最後に塩&コショウで味を整える。
*好みで、トマトが入ったり、唐辛子が入ったりするようです。
 エジプトのお味噌汁的スープだそうで、モロッコのハリラのように、各家庭でいろいろアレンジ
 されたりするようです。これは、1番の基本バージョンのようです。

エイシ
<<材料>>8枚分
小麦粉  500g
ぬるま湯 300cc
ドライイースト 大1/2
重曹      大1/2

<<作り方>>
1 小麦粉、イースト、重曹をふるっておく
2 ボウルに、全材料をいれて、まぜて、すべらかにする。
3 40度で1時間ほど発酵させます
4 3を打ち粉をして、8等分して、丸く厚さ1~1.5cmにしたら、200度のオーヴンで10分程焼く
  焼き上がりを見て、足りないようなら数分ずつ足して焼く

これだけ!!
他にも、コーンミールを入れたりと、いろいろレシピはあったんだけど、これが1番手軽だったのと、エジプトの観光局かなんかのHPに出ていたレシピだったので、これにしました。
白ごまペーストと、ヨーグルト、ガーリック、塩&コショウを混ぜた「タヒニ」があると、尚更エジプトっぽいですよ~(*^^)v

私は、海外旅行エッセイとか、料理関係の本やエッセイが大好きです。
以前、偶然読んだ池波正太郎さんの「散歩の時なにか食べたくなって」という本を読み、美味しそうだし、面白いし、いずれ他の著作も読んでみようと思っていたら、昨日、本屋さんで、「江戸の味を食べたくなって」という本があったので、買ってきて、今読んでいます。
これ、再現できそうな料理が多く紹介されていて、とても楽しみです。
こぐれひでこさんの食エッセイ「おいしい画帳」 
に、池波正太郎さんが食べていた、蛤を入れた「湯豆腐」というのが、気になって、気になって、早速今夜のパパの肴に作りました。
a0150216_20582262.jpg

こんな感じですが、いかがでしょうか?
蛤から良いダシが出て、すっごく美味しいの♥
醤油と、鰹節と、ゆずの風味で食べました。
これを紹介していた、本は、「そうざい料理帳」といい、本屋さんになかったので、1巻、2巻ともAmazonにオーダーしました。
ついでに「ベルサイユのばらの街歩き」という本も頼みました。
これは多分、私がフランスへ行ったなら、間違いなく行きたい場所が紹介されているはず。
ちゃっかり、パパのカード支払いにして買ってしまいました^^;

さらに私が好きな作家さんは、「ぐるぐるシリーズ」のk・m・pのお二人。
(kmp=金儲けプロジェクト)マツムラエリコさんと、なかがわみどりさんが、いろいろな場所を暮らすように、安宿に泊まり、ぐるぐるしながら、旅をつづったエッセイが多いです。
今までに、「エジプトぐるぐる」と「ポルトガル朝、昼、晩」を読み、写真や、イラストが可愛くて、文章も面白く、プッ!っと笑ってしまったり、ちょっとホロっとさせられたり。
今日は、本屋さんで、「南の島ぐるぐる」を見つけたので、買いました。
やっぱり面白い♪
「ぐるぐるPAPER」
で、ちょっとした旅の内容や、本の事などが見られます。
面白いので、見て見て下さい。
本はいいね~♥
by cecilia-1127 | 2011-04-25 21:14 | 料理
昨日作った「鯵の酢〆飯し」は、そぎ切りにすべきところを、うっかり、糸つくりにしてしまったので、今日は、ちゃんと作り直してみました。
それに、美味しくて、もう1度、食べたかったしね(^_^)v
今日は、息子の高校は休みなので、息子のランチに出してあげようと思ってました。
何しろ、「おせん」の再現料理なので、息子は食べた事が無いけれど、寿司好きの息子。
きっと喜ぶでしょう♥
a0150216_20614100.jpg
中くらいの鯵2匹、3枚おろしにして、塩で〆始めました。
頭は捨てて、中骨は、低温~高温へと揚げて、骨せんべいにして、息子に食べさせます。
肴にもなるけど、まずは、子供の成長の為に。(子供って言っても、今年18歳になるけどね)
塩をして、好みの〆具合にもよるけど、私は、〆過ぎは、好きじゃないので、30分くらい放置。
画像は、塩をした直後です。
その後、お酢を注ぎ、20分ってところかな?
身がしまったら、流水ですすぎ、皮をひいて、そぎ切りに。
塩前に、私は、骨は全部抜いてます。
あとは、昨日と同じく、酢飯に、沢庵をみじん切りにして混ぜ込み、そぎ切りにした、〆鯵を乗せ、おろしショウガを乗せたら完成!!
a0150216_2012212.jpg

ちゃんとした、丼サイズの、鯵の酢〆飯しです。
色合いの為、少しだけ、青みを加えました。
どうでしょうか?
a0150216_20135367.jpg
これは、今日の私用の、小さいサイズで、酢飯に、ガリを混ぜ込んだ分です。
「おせん」の中で、久しぶりにやってきたと言う女性客が、懐かしい「鯵の酢〆飯し」を食べたいといい、まずは、普通の酢飯で作ったものを出すと、女性客は、「何か違う。もっと、ご飯にコリコリした物が混ぜてあったと」いい、数年前に、生姜の甘酢漬けを入れて出した事を思い出したおせんさんは、これを作りますが、女性客は、それでも違うと。
困った、おせんさんは、元女将である、母親に電話をして相談すると、元女将が幼少時、沢庵を混ぜて出していたと判明。
おせんさんは、お客様の為、それを作って出すのですが、その女性客は、大戦前に通っていた女性で、でも、当時の姿のままで、つまり、思いを残したまま、あの世へ行ってしまった、女性の霊だったんですね。おせんさんの店、一升庵に、当時、出征まえの恋人と通っていて、鯵の酢〆飯しを食べていたのだけれど、赤紙が届き、必ず生きて、ここ一升庵で、再会しようと約束したわけです。
でも、心臓を患っていた女性は亡くなり、恋人は、戦地で体調を崩し、なかなか帰国できず、会えないまま、死に別れたという話しです。
お盆の時期に、女性の霊がやってきて、酢〆飯しを食べていると、あの世の恋人が迎えに来て、2人揃って、成仏して、天国へ行くという話しで、ちょっとホロっとさせられました。
息子には、沢庵バージョンを、自分には、生姜バージョンで作ったのですが、私は、生姜の甘酢漬けバージョンの方が辛口で好きです。
是非!!
a0150216_20215398.jpg
これ、私の大好きな、「アイスプラント」という野菜です。
ちょっと、水気があるように見えるでしょ?でも、これ、水分でなくて、野菜自身というか、そういう作りの野菜で、素のまま食べても、塩味がします。
しゃくしゃくするので、売っていたら、試してみて下さい。
a0150216_20234022.jpg
バゲット風のパンを焼いてみた。焼き色が今いちだったので、加熱時間を増やしたら焦げた・・・onl
でも味は美味しい♪
明日はこれで、バゲットサンドを作ろうと思ってます。
凄いな~ホームベーカリーの捏ね機能って。
a0150216_20253533.jpg
昨日遅くに、Amazonで頼んで、さっき届いた本2冊です。
1冊は、玉村豊男さんの「パリ1968-2010」という本です。
この著者の本は、結構読んでいます。
私の好きな、食と旅のエッセイが多く、特に、パリに留学していた事もあり、私の知らない、古き良き時代のパリの話しなどもあったり、世界を旅されているので、世界の料理も紹介されていて、面白いです。この本は、1968年代に、著者が体験したパリと、2010年に体験したパリを書かれてます。
絵画も描かれる著者なので、この本は、写真ではなく、著者の絵で紹介されています。
読むのが楽しみです。
もう1冊は、私が、世界の料理にハマる原因となった本の1つで、西川治さんの本です。
「世界ぐるっと朝食紀行」で、モロッコ料理に興味が出て、「世界ぐるっとほろ酔い紀行」で、いろいろな肴に興味が出て、たまたま検索していたら、今月発売された、この「世界ぐるっと肉食紀行」を発見!!早速購入です。
きっと、ここに出てくる料理を数種は、再現する事となるでしょう。
まずは2冊、読みだしてみようと思ってます。
さあ~読むぞ~(^_^)v
by cecilia-1127 | 2011-02-23 20:32 | 料理
まずは、こちらの、ドライカレーから。
これは、ブロ友のカザルパロッコの猫のruggineさんが、先日作っていた、「小林カツ代のドライカレー」です。
ruggineさんが学生の頃、小林カツ代さんの本に出ていた、ドライカレーなんだそうですが、本もなく、記憶を頼りに作られたとの事なので、自分の持っている、小林カツ代さんの本を開いたけど、このドライカレーは出てなかったので、どうにも美女に弱い私は、きっと見つかる!と思い、ネット検索!すぐにヒット(^_^)v
URLを、ruggineさんのブログに貼ってから、すぐさま自作~♪
a0150216_14452457.jpg
こんな感じで~す!
じつは私、ドライカレーって、食べるのも、作るのも、これが初体験だったんです\(◎o◎)/!
なかなか美味しい物だったんですね、ドライカレーって。
ruggineさんは、オシャレに、ターメリックライスを炊いてらしたけど、私は、普通のご飯。
次回は、ターメリックライス&タイ米で作ってみようと思ってます。
これ、オイスターソースが入ったり、お醤油、ウスターソース、砂糖などが入ります。
丁度、少し前に、小林カツ代さんの息子さんである、ケンタロウ氏が、TOKIOの国分太一さんとやっている、料理番組の中で、「懐かしい、母の味、小林家のドライカレー」として、紹介されたようです。私も、時々見ている番組です。
人様のレシピなので、出しませんが、検索すると、すぐにヒットしますので、是非作ってみて下さい。美味しかったですよ。

私が高校生の頃、友達に借りて読んだマンガに、渡辺多恵子著「ファミリー」という、アメリカの、アンダーソン家の生活を描いたマンガがあり、とても好きでした。
優しくて、包容力があるパパ。
明るくて、能天気なシェレン・ママ。
超美形だけど、ホモの長男ケイ。
運動神経抜群で、可愛い男子に見える、恋愛にうとい長女のフィー(主人公)
大人びていて、しっかり者の次女トレーシーはまだ、小学生。だれよりも、しっかりしている。
パパの同級生の忘れ形見で、同居をしている男の子のジョナサンと、その犬アダム。
これがアンダーソン一家。
当時、まだネットなんてなくて、海外の生活を今の様に見る事が出来なかったので、アメリカにホームステイの経験のある作者が描く、ファミリーの世界は、夢の世界でした。
そんなファミリーを、5年くらい前に、古本屋さんで見つけて買いました。たった今まで、1冊足りないだけで、揃っていると思っていたけど、あらら、6巻と、8.9.10.11巻って出ていた事を、すっかり忘れていたので、古本をAmazonで購入。
1話読み切りで、毎回主役が変わりながら、素敵な話しが進みます。
その中に、街中に風邪が流行り、皆が寝込んでしまった時、能天気で可愛いシェレン・ママだけは元気で、たくさんの「たまごパン」を焼き、知人の家庭に配って回る話しがありました。
昔から、あの、たまごパンが気になっていて、去年の夏頃、娘に頼まれて(娘もファミリーのファンです)作ってみたのは、日本に昔からある、ちょっと固い、たまごパン。
でも、どう考えても、アメリカの、しかも風邪で困っている人に配ったものが、固い、ボソボソした物とは思えず、いろいろ検索して、さらに、自分なりにアレンジして、やっとこんな感じかな?という、たまごパンを作りました。
a0150216_153185.jpg

a0150216_153218.jpg
どうでしょう?
これね、凄くふわふわです♪
甘くて、少しだけ、塩味がします。このままでも、はちみつや、メープルシロップを付けても、バターを乗せても、きっと美味しいと思います。
<<材料>> 8個分
強力粉  300g
ドライイースト 5g
砂糖    50g
塩     5g
バター   30g
卵     2個
ミルク   卵と合わせて、180cc

<<作り方>>
* ホームベーカリーを使う方は、材料を入れて、「生地コース」で生地だけ作って下さい。
(私は、ホームベーカリーを使いました)
1 手作りの方は、全ての材料をボウルに入れて、よく混ぜてから、耳たぶくらいの硬さになるくらいまで、普通にパン生地を作るように、捏ねて下さい

ここからは、ホームベーカリー生地も、手ごね生地も同じです。
2 生地を取り出して、8等分して丸め、10分のベンチタイム。

3 ガス抜きをして、丸め直して、40分の2次発酵
 (私は、オーヴンの発酵機能を使ってます)

4 180度のオーヴンで、13~15分焼いたら、出来上がりです♪

ふわふわしていて、優しい味の、たまごパンです。
興味のある方、是非作ってみてね~(^_^)v
by cecilia-1127 | 2011-02-17 15:13 | 料理
私の朝は早い。なので、早朝から、PCに向かって、ブロ友さんのブログ巡りをしてりします。
macさんのブログで、クスクスを話題にしていたのを見て、何だか急に、クスクスが食べたくなりました。
ラム肉もあるし、各種野菜もある!と言う事で、朝っぱらから、クスクスのスープを作り出しました(^_^)v早朝6時・・・暇だね、私も。
オレンジ白菜(葉の色が、オレンジ色をしてます)、カリフラワー、セロリ、ニンジン、クルジェット、タマネギ、ひよこ豆、ラム肉などなどetc・・・
水から煮て、コンソメ少々、塩、コショウ、クミンパウダーを入れて、スープを作りました。
クスクスは、今回は、蒸す時に、ハリサ(仏語・アリサ)を入れて、軽くピリっとしたクスクスに蒸上げました。オイル少な目。
a0150216_1949112.jpg
どうでしょう?ちょっとラム肉とかが、見えてませんが、入ってます(^_^)v
写真右斜め上の白いカップに、スープが入っています。
これを、クスクスに掛けながら、いっただっきま~っす♪♪
あ~美味しい♪
北アフリカから、フランスに渡っていったクスクスや、タブレ。美味しい物は、海をも渡るのね
a0150216_19535972.jpg
ちなみに、これが、今日作ったタブレ。
今回は、グリーンオリーヴが切れちゃったから、ブラックオリーブで代用。
今度は、ピンクオリーヴでも作ってみたいな。
クスクスは、好きなんだけれど、気を付けて食べないと、お腹の中で、がっつり膨れます!!
a0150216_19564381.jpg
これは、お昼に作った、温かいお蕎麦です。
凄く早い時間に、クスクスを食べたので、なんかお腹がすいてしまい、蕎麦は、1人前の半量で作りました。磯部揚げとネギ、ゆずを乗せて。
そうそう皆様、ゆずって、1個、ちゃんと使い切れますか?そうそう使う物でもないでしょ?
私が母から教わった方法です。
ゆずは、丸のまま皮を削いで使い、余りは、そのままビニールに入れて冷凍!!
次に使う時は、使う部分に軽く水を掛けて、また削いで使えます。そして冷凍。
こうしていると、無駄無く使い切れますよ。
摩り下ろして使う時は、冷凍のまま擦ると、簡単に粉末ゆずが出来ます。
これは、塩からなどに入れて混ぜると、良い香りがしますから、お勧めです。
a0150216_2031530.jpg
これ、肴にした、銀杏です。タオルの上に、キッチンペーパーを敷き、銀杏を広げ、瓶のお尻の部分で、叩きます。
軽く叩いて下さいね。強く叩くと、銀杏の実が潰れます。
殻を割った銀杏を、封筒に入れて、レンジで1分半~2分加熱。
a0150216_205411.jpg
加熱後は、こんな感じ。
画像上に見えているのが、封筒です。封筒なら何でも。口をしっかりと、2~3回折って加熱。
中の薄皮も簡単に剥けますよ。お試しあれ~♪
a0150216_2081971.jpg
これは、さっき、娘に頼まれて作った、シナモントーストです。
私は、甘い物は余り食べないけど、娘はやっぱり好きなようです(*^_^*)女の子だもんね。
たまには、甘い物でも作ってあげなくちゃね!!

さ~て、明日は何を作ろうかなぁ?
どこの国に飛ぼうかなぁ?
by cecilia-1127 | 2010-12-08 20:16 | 料理