ギリシャ料理 ユベチに挑戦!

今日は、ずっと気になっていて、作ってみたいと思っていた、ギリシャ料理の「ユベチ」に挑戦しました。
もちろんレシピは、ギリシャのごはんの、salahiさんのものです。
ですので、詳しいレシピは、salahiさんのブログをご覧下さい。
a0150216_21101755.jpg

写真が、上手く撮れなかったんだけど、お米の形をしたパスタです。
どうも、本当は、肉の種類は別として、塊りで作るようなのですが、たまたま無かったので、カレー用にカットされた、牛肉で代用しました。
小さくカットされている分、過熱時間を短縮しました。
横に写っているのは、ギリシャのお酒、「ラク(ウゾ?)」です。透明なお酒ですが、水で割ると、白濁します。
トルコのラキ、フランスのアブサンの仲間かな?
肝心のユベチは、「美味しい!!」です。
お米の形なのに、食べるとパスタの感触って、不思議。
娘は、テスト期間なので、丁度、出来上がった頃帰宅して、ランチに食べてました。
我が子達は、見慣れない物は、敬遠するのですが、これは、「あ!パスタだ!」なんて言いながら、普通に食べてました。むしろ、気に入ったそうです(*^^)v
息子は、夕方、再加熱して食べたので、当然、味は落ちていたでしょうが、敬遠しながら、食べだしたものの、「あれ?これ、パスタだ。美味しいね~」だそう。
ふふん!
感謝しなよー なかなか、ここまで世界各国の料理を、現地在住の方から聞いて、再現して家族に提供している家は珍しいよ~!!
ユベチも、定番の仲間入り決定です。
salahiさん、素敵なレシピをありがとうm(__)m

a0150216_21182190.jpg

こちら、最近、娘がハマっている、ぺペロンチーノの変形バージョン、名づけて「エリカンチーノ」です^^;
普通に、ぺペロンチーノを作るついでに、韓国産粉とうがらしを、振りいれます。
(韓国産の粉とうがらしは、とんがった、突き刺すような痛い辛さがなく、旨みのある、唐辛子なんです)
スパゲッティが、赤く見えるのは、粉唐辛子の色です。
私にとっては、特に辛くもないけど、普通の人には、激辛に近いらしい(娘 談)
ガーリックの香りと、唐辛子の辛さが、癖になるんだそうです。
ぺペロンチーノを、娘の好みに変形させたので、我が家では、娘の名前を取って、エリカンチーノと、名づけました。娘の夕飯でした。
娘、息子、パパと、皆、メニューが違ってしまったのですが、楽しく料理が出来ました。
エリカンチーノは、普通にぺペロンチーノを作り、最後に、唐辛子粉を入れるだけですので、興味があったら、お試し下さいね。今回は、エリカンチーノの上に、ソテーしたホタテが乗せてあります。

あー、もうすぐ娘が出国です。
だんだん寂しくなってまいりました・・・(:_;)
初めて海外に旅立たせた、小5の夏休み。成田で、いよいよ、ツアーの子供達と、お別れです・・ってなった時、見送りに来ていた父兄の中で、私だけが、心配で心配で、不安で寂しくて、ウルウルと泣いてしまったんですよねー恥ずかしながら^^;
引率の、旅行会社の添乗員の方は「お母様、たった2週間ですから。大丈夫ですからね」なんて言われてしまったのは私です^^;たった2週間だけど、そんなに離れて暮らした事は無いし、初めての海外、しかも、子供だけ、しかも、その子供同士が、顔見知りではないツアー。涙涙だった私・・・
2度目の時は、それこそ単身、渡豪だったけど、どうにかなった。でも、今回、久々。寂しくなってきています。
こんなことでは、海外留学させる時、きっと号泣だろうな、私。
嫁に出す時も、花嫁の父より、花嫁の母号泣な気がしています。

さてさて、後、数時間後に、日本VSデンマーク戦が始まります。
3時半キックオフだとか。
私は、4時半起床なので、後半戦を見ながら、お弁当作りと成りそう。
引き分けでもOKなんだから、でも、勝つつもりで、頑張ってー!!
皆様、日本の勝利を願って下さいね。

PS
ブロ友「旋風と用心棒」さんへ
早速、インド・ネパール料理のMALIKAさんへ行かれたそうですね。
私の、情報量が悪く、店を探させたり、エビカレーが、店内ランチメニューには無かったりと、ご迷惑を掛けてしまい、申し訳なかったです。期待外れだったのでは?
でも、早速のご訪問、ありがとうございました!
今度は、テイクアウトでもして、水上公園辺りで召し上がってみては???
by cecilia-1127 | 2010-06-24 21:35 | 料理