そぼろ豚丼とフランス語

今日は、楽しい楽しいフランス語の日!
er動詞の変化も暗記したし、スペルも覚えたものの、テストって、どんななんだろうなぁ?なんて思いながら、ドキドキわくわくしながら行きました。
教室には、私の前の生徒さんがいて(初めてです、私の前に人がいたのって)、結構な年齢の、紳士って感じの方。きちっと背広を着ていました。
フランス語?と思ったけど、すぐに、英会話の生徒さんだと分かりました。
そこそこ簡単な会話は出きるみたい。どうも、近々、プレゼンがあり、英語でしなくちゃならないというような内容を、英語で話してました。
ブレックス先生の英会話を初めて聞いたけど、ちゃんと話せて凄いな~と思いました。
紳士が先生に挨拶をして、玄関を出ようとしたので、私は先生に「Bonjour!」と挨拶。
先生、いつも通り「Bonjour!cava?」と聞いてくれたので、「ca va,merci!Et vous?」と返し、先生も「cava merci!」と。
これは慣れました(*^^)v 先程の紳士、靴をはきながら、びっくりした顔をしてました。
フランス語の生徒に会ったのが初めてだったんでしょうね、きっと。
テストは、ペーパーテストでなく、口頭でした。
ちゃんと覚えて行ったんだけど、答えられたんだけど、1ヶ所、発音を直されました。
parleの発音は、ほめられましたよ~(*^^)v
最近は、授業の間に雑談の中にも、文章では無理でも、少しでもフランス語を入れて会話しようと思い、日本語とフランス語交じりで会話してますが、先生は、喜んでくれます。
話そうとするのが、1番大事だよ~って。
今日は、フランスやヨーロッパを旅する時の、こうしたら便利ですよーって言うような本を、貸してもらいました。ロビーに本がたくさんあって、貸し出ししてくれるそうなので、毎週1冊、借りて読もうと思ってます。
そうそう、やっとの事で「R」の迷路から脱出出来そうなのに、予想とおり、今度は「数字のラビリンス」が待ち受けていましたよ(ー_ー)!!
フランス語の数字の数え方、面倒ですよねー

a0150216_21321147.jpg

今夜の夕飯の「そぼろ豚丼」です。
こうも暑いとねー なるべく簡単で、美味しくて、栄養があるものをと考えてしまいますよね。
これは、写真だと分からないと思うけど、ご飯に、豚のそぼろが混ぜ込んであります。よく、お弁当なんかにはいっている、普通の「そぼろ」です。
上の具は、豚ばら肉と玉葱を炒めて、焼き肉のタレで味を付けたものです。
ただし、豚ばら肉から大量の油が出るので、炒める時には、油は使いません。肉に、あらかた火が通ったら、スライスした玉葱を入れて炒め、出た油は、丁寧に、キッチンペーパーで吸い取ります。
不健康ですからね、油。
そぼろご飯を丼に盛って、炒めたバラ肉を乗せ、黄身をトッピングして、かいわれ散らして、出来上がり~♪
これ、家族に大好評メニューなんですよ(*^^)v
焼き肉のタレがなければ、醤油と砂糖の甘辛でも美味しいです。
イスラム圏の方は、牛で作っても美味しいと思いますよ(^^♪
これに、サラダ、冷奴、赤だしの味噌汁と、簡単手抜き夕飯でした!

ではでは、Bon weekend~♪
by cecilia-1127 | 2010-08-06 21:43 | フランス