雛祭り

昨日は、雛祭り。
娘が、日本で過ごす、雛祭り。
桃の花を活け、ちらし寿司、蛤の潮汁、唐揚げ、タコとセロリのサラダや煮物など、ちょこちょこっと作りました。
それなのに、ボケッとしていた私は、お雛様を出し忘れてた\(◎o◎)/!なんてこったい・・・
来年からは、日本にいないのに。
飛び出す絵本のようになった、お雛様のハガキを送ってあげようと思う(来年からは)
a0150216_2132282.jpg

a0150216_2134237.jpg
毎年作っている、ちらし寿司です。今年からは、海老を抜いてます(子供達、甲殻類アレルギーです)
レンコン、かんぴょう、しいたけ、人参、ツナ、たけのこ、錦糸卵、いくら、桜でんぶ、海苔、絹さやなどを散らしてあります。
蛤の潮汁は、画像をうっかり削除してしまい、残ってないけれど、大振りの蛤、紅白はんぺん、三つ葉をあしらってます。
こういった汁物って、美味しいね~  日本人で良かったな~って味ですね。
a0150216_2183092.jpg
こちらは、セロリとタコのサラダ。家族の好物です。
本当は、生のタコを使いたかったけど、売ってなかったので、茹でたタコ。モロッコ産。
適当な、そぎ切りにして、セロリも斜めに切って、塩、コショウ、ビネガー、オリーヴオイル、レモン汁少々、バジルを振りかけ、混ぜ合わせて、出来上がり~♪
好みで、タバスコを垂らしてもOK!
a0150216_21105268.jpg
こちらは、「ポワローヴィネグレット」、通称「貧乏人のアスパラガス」という、ネギのサラダです。
フランス人って、凄いですよね?ポワローのサラダを貧乏人のアスパラガスって名付けるあたり。
ポワローがあれば1番だけど、無かったら、長ネギの白い部分を、立て半分に切って、茹でる。
長いまま茹でる。そして、歯ごたえなんて言葉は、一切頭から削除して、ひたすら茹でる。
ぐったりするくらい茹でる。それがフランスの作り方。
なのですが、私は、そこまで茹でるとやっぱりね・・・
フランス人より、少しだけ茹で時間を短縮。
茹であがったネギに、塩、コショウ、ビネガー、オリーヴオイルで作った、ヴィネグレットソースを和えて、冷蔵庫で冷やす!!
ワインに合いますよ~(^_^)v
ちなみに、茹で汁は、捨てないで(だって、ネギの旨味、甘味が出てるから)、残ったネギの青い部分を斜め切りして入れて、茹でて、コンソメなり、塩なりで味を付けると、美味しいスープになりますよ。この日も作りました。
a0150216_21162267.jpg
これは、雛祭りの朝の、息子の朝食です。
ロールパンに、カニカマをマヨネーズで和え、その上にマグロ缶、レタスを少々。
もう1個は、オムレツとチーズとレタスを挟んだ物。
もう1個は、ウインナー炒めとチーズ、レタスを挟んだ物です。バター、マーガリン不使用です。
これに、ワカメスープで簡単に終了。
娘は、ウインナーとチーズ、レタスを挟んだ物1個と、ココアを飲んで登校しました。
a0150216_21194322.jpg
そんな日の、我が家の動物達です(すみません。写真だけは撮っているので、雛祭りと関係ないけど、UPします)
これは、庭猫の、ほのちゃんです。誰が教えたわけではないのですが、去年まで、前庭猫だった、アミンとサミナが寝床にしていた、ガラスケースに入って寝てました。
温かいんだろうなぁ?
最近、ほのちゃんだけは、こんな感じに、お腹を出して、にゃ~ん♪なんて言ってくれてます。
可愛い♥
他2匹も、ケースでウタタネしたりしています。ほのちゃんも、女の子。
a0150216_21223317.jpg
先日、水槽から飛び出ていて、死にかけた、ベタのシャルルです。元気に泳いでいます。
a0150216_21231293.jpg
言わずとしれた、蛇のベッキーちゃん。お雛祭りなので、ネズミを1匹あげました。丸のみ中の写真。お食事中です。
ベッキーも女の子。
a0150216_21244981.jpg
小梅ちゃん、いちご、ブルーベリー、クルミなどに夢中。小梅ちゃんも、女の子。
a0150216_21253265.jpg
はい!言わずと知れた、我が家の姫様、ゆずです♥
これね、パパと私の布団を畳んだ上で寝てます。結構な高さですが、どうやっているのか、必ず登って、天辺で寝てます^^;前足なんて、伸びきっちゃってて、だら~んなゆずです。
ゆずも女の子。ゆずは、ちらし寿司と、蛤の潮汁を食べましたよ。
ここまでが、昨日の写真です。
ちなみに、白いご飯が好きなパパですので、この雛祭りご飯の夜も、皆とは別メニューを用意しました。白米、唐揚げと潮汁(これは共通)、菜の花のお浸し、野菜のオイスターソース炒めです。
年に数回(お雛祭り、子供の日、子供の誕生日など)くらい、同じ物を食べてくれたらいいんだけど、ダメなんです。ふぅ~
a0150216_21301363.jpg

こちらギリシャのごはんsalahiさんのブログで紹介されていた、「アルメニア風チキンサラダ」です。salahiさんのレシピでは、ザクロの実を使っているのですが、探したけど、売ってなかったので、フランボワーズでごまかしました^^;
水きりしたヨーグルトとマヨネーズで和えてあります。
塩、コショウに、ディルと、クルミ。
美味しいですよ~♪
ヨーグルトを使う事で、マヨネーズを減らせるので、ヘルシーですしね。
私は、マヨネーズが苦手なので、ほぼ水切りしたヨーグルトにしてしまいました。
ザクロが売っていたら、きちんと作ってみたいです。

さてさて、今日は、フランス語の日。
楽しかったです。今は、人を形容する勉強をしています。
先週は、髪の色の表現などを習いました。
例えば
Je les cheveux mi-long,raides,et marrons decolores.
私の髪は、セミロングで、ストレートで、茶色にカラーリングしています。ってこんな感じ。
今日は、目の色でした。
Je les yeux marrons.
私の目は、茶色です(先生曰く、私の目は、茶色だそうです)
後はね、髭!!
Il a une moustache.
彼は、口ひげが生えてます。
あとは、何歳に見えるっていうのも教わりました。
Elle a une petit dizaine d'annees.
彼女は、10代(前半)に見えます。
Elle a une bonne dizaine d'anees.
彼女は、10代(後半)に見えます。となるそうです。
好きな言語を学ぶのは、本当に楽しいです。
確定申告やら、娘の留学が落ち着いたら、ノートをまとめたりしたいです。

そうそう以前に書いたけど、うちのパパって、「え?」って所で、怒りスイッチがはいってしまいます。そして、ひどいと、1ヶ月は口を利かなくなります。
昨日の夜、私は、パパの怒りスイッチを入れてしまったようです^^;
まぁ、今回は、そんなにひどくないので、家にも帰ってくるし、食事もするし、酒も飲むけど、私とは、ほぼ会話をしません。放っておくのが1番なので、放ってますがね。
原因は・・・
昨夜、パパが仕事から帰宅した時、テーブルでは子供が食事中。
さっき紹介した、お雛祭りご飯です。桶に入った、ちらし寿司などが並ぶテーブルで、今、まさに食事の最中。なのに、見るからに、ほこりまみれのタオルを、そのテーブルにポン!と置いたんですよ。いつもそう。私には、何故そこに、汚れ物を置くのか分かりません。
だってご飯を食べる所だよ?
なので「そこにタオル置かないで、そっちに置いて」と言ったら、「後でどけるよ、ここに置いて、何がダメなんだ?」とちょっとイラついた感じのパパ。
何がダメって、食事してるし・・・これ、普通でしょ?
それでも、あれこれ、並べだしたから、「こっちに置いて」と言うと、ブチっと切れたらしい。
私は「ご飯食べている所に、普通、汚れた物を並べないよ?ご飯の横に、糞置くのと同じだよ?」と言うと、更に切れた^^;
そして不機嫌に。今回は、今までよりは、ひどくないから、あまり気になりませんが、こういう、ちょっとした事って、一緒に生活する上で、凄くストレスになります。
私は、食卓は、食事をする場であって、物を乗せる場でないと教わりました。
糞味噌一緒はダメだと教わりました。
あと、出した物は出した所に戻す事、お風呂や洗面台、トイレなどは、次の人が気持ち良く使えるように、使った後は、ちゃんとしてから出ると教わりました。
お風呂の桶とか洗面器、裏返して、洗い場の床に直接おかず、椅子の上などに、伏せておくと教わりました。水が切れるし、片手桶などは、湯船に直接入れたりするから、床に直接おくと、汚いと教わりました。
そういった私にとって、当たり前が、パパにとっては「異常な教育」「うざい教え」と映るらしく、今書いた事の正反対が、彼の育った環境のようで、ストレスたまります。
我慢は私です。パパは、自分のやりたいようにやっているので、それを、綺麗に掃除し、片付ける私は、イラっとします。
良く結婚したよな~と、時々、自分のことながら、不思議になるセシリアでございます。

ではでは皆様~
Bon Weekend~
by cecilia-1127 | 2011-03-04 21:58 | いろいろな事