チキンカレー

今日も、いつも通りに4時過ぎに起床。
パパと息子のお弁当を作り、5時前には暇に。
パパは、5時ちょっと過ぎ起床なので、本の少しだけ、時間が余る。
私の頭の中に「インドカレーが食べたい」という思いが。
なので、早朝からカレー作り開始!!
<<材料>>2人分くらい
鳥手羽元  4本
玉葱    1/2 みじん切り
生姜    1かけ すりおろし
にんにく  1かけ すりおろし
ヨーグルト 大2
トマト   中1 ざく切り
カルダモン 大1
クミン   大1
唐辛子   大1
ガラムマサラ 小1
ターメリック 小1
塩コショウ  適量
水     かぶるくらい
オイル   小1(私は、極力オイルを減らしてます。本当は、タップリ使うようです)
粉末ガラスープ 大1
ロリエ    1枚

<<作り方>>手抜きレシピです。
1 鍋にオイルを敷いて、玉葱、にんにく、しょうがロリエを炒めます(たまねぎは半生でOK)
2 鶏肉を入れて、軽く炒める
3 トマトのざく切りを2に入れる
4 3に塩コショウ意外のスパイスを入れて、混ぜて和える
5 4に、ガラスープの素と、水を入れて、煮る。
6 5に火が通ったら、ヨーグルト、塩コショウで味を整えて出来上がりです。
これだけ!!
いろいろな、インドのチキンカレーのレシピを参考に、セシリアバージョンにしました。
a0150216_2202290.jpg

これは、鍋に入ったままですが、味は、しっかりインドチキンカレーです。
所要時間は、20分くらい!!
簡単!美味しい!!ぜひお試しを~♪

福島原発の事故で、いろいろな風評被害が問題になっていますが、私が今日、びっくりしたのは、
福島から千葉や茨城に避難をしてきている被災者の方々に、保健所で、放射能検査の受診証明書をもっていないと、受け入れをしないとした自治体があったそうです。
証明書がなくても、もちろん避難所に入れるそうですが、その自治体の勝手な判断で、実行したそうです。
さらに、避難をしてきていた小中学生が、こちらの小中学校に転入したところ、その小中学校の生徒が「お前福島からきたんだろ?被爆するから傍によるな!」や「傍にくると、放射能が移るから来るな!」などと言った、差別的発言が相次いでいるという事です。
私は、この事を知らず、息子と娘が激怒していたので、知りました。
普通、そういった被災者が何もかも失くして、愛する地元を意思と別として離れて暮らすことになり、避難してきたら、もし私だったら、子供達に「今度、被災された人達が転入してくるから、とても大変な思い、悲しい思いをしてきているんだから、声を掛けたり、慣れない土地なんだから、仲良くして、支えてあげるんですよ」と話しておくと思う。
彼らは、何の非も無いのに。
たくさんの人々が、被災者、被災地の方々を思っているのに、すごく悲しいニュースでした。
逆の立場だったら・・・と考えられる人であって欲しいですね。

明日は、娘と買い物へ行こうと思ってます。
日曜日には、最後の買い物に、パパと行きますが、男の人がいると、こまごました物を、あれこれじっくり見るのは気を使うので、明日は、娘と2人、文具品や身の回りのこまごました物を買いに行こうと思ってます。
本当は、土曜日に息子も一緒に行こうかと思っていたんだけれど、週末は雨みたいなので、明日言ってこようと思います。
あと10日になりました。
スーツケースに、ある程度荷物も詰めました。だんだん本格的に、淋しくなってきましたが、考えないようにして、明るく過ごそうと思います。

今、エージェントの娘の担当さんからメールが来て、フライトスケジュールが変わったそうです。
成田を出る時間は変わらないそうですが、直行でNZの予定が、成田を発った後、一旦関空に降りるそうです。なので、NZ着が2時間くらい遅れるそうで、NZの迎えのスタッフさんと、学校には連絡済みとの事。
何でだだろう?関空。
まぁ、夜の便だから、娘は熟睡は無理でも、寝てしまうでしょうけど^^;
それにしても、このエージェント会社は、手数料を取らないのに、本当によく相談に乗ってくれたり、いろいろやって下さって、大助かりです。
どうも、私達夫婦が、NZのファミリーに挨拶へ行ったとき、高校見学をするなら、事前に連絡を取っても下さるそうです。ありがたいことです。
素晴らしい3年間になるといいな。

そうだ、知り合いの韓国人女性は、顔を見るたび、アメリカへ行けと言います。
英語を学ぶのに、カナダやNZや英国はダメだと。
英語なら米国に限る。会社に入っても、英国の英語や、カナダ、NZ,OGの英語など、伝わらないと言い張ります。
英語は英国でしょう?(笑 米国は米語だと思うんだけど。
それに、エージェントの方に伺ったら、どこで学んだEnglishだって、ちゃんと使えます。
それに、もともと英語はイギリスだし、訛りもあるけどNZは一応、クイーンズイングリッシュです。インドの英語だって、どこだって通用します。
国ではなく、学ぶ気持ちです、と最初に仰ってました。
英語はアメリカに限るって、ちょっと不思議な意見だな~と思いました。
思い込みが激しいのかな?
地震が無い国は、地球で韓国だけだと言ってましたし。
フランスも少ないよというと、顔色が変わりました。「韓国だけ!」って。
最近、ちょっとお付き合いが疲れたりします。
まあ娘は、どこでも生きて行けると思うので、元気に学んでくれたらと思います。
by cecilia-1127 | 2011-04-19 22:11 | 料理