トマトの煮びたし

冬休みに入った娘と、明日が年内最後の登校となった息子は(息子の学校は、2学期制なので、冬休みはあっても、まだ、終業式にはなりません)、夜更かししてさ、おかしな時間に、お昼を食べるから、夕飯いらないって日が多くて、超つまんない。
今日は、夕飯がいるのはパパだけでした。
a0150216_20342011.jpg

トマトの煮びたしです。市販のコンソメと、塩こしょう、生バジルを入れて、丸のトマトを煮含めました。
しばらく、冷めるのをまってから、再加熱。
お皿に移して、溶けるチーズを乗せて、レンジでチン!!
これ、冷蔵庫で、熟しちゃったトマトを使いました。生で食べるには、キツイけど、加熱したらOKってトマトです。
a0150216_2040382.jpg

こちらは、焼き茄子。
茄子を切って、灰汁抜きしてから、レンジで加熱。火を通しておいてから焼きます。
フライパンに、少量のオリーヴオイルを敷き、加熱された茄子に焼き目をつけます。これで、使うオイルを最小限に出来るので、カロリーを減らせます。
お皿に取ったら、すったショウガと、刻んだネギを乗せ、「かぼす醤油」を掛けました。かぼす醤油は、私が定期購入している「しじみ習慣」の会社から、モニター用に送られてきたもので、ポン酢より優しい感じで、美味しかったです。ちなみに、この会社の「藻塩」は、ベラボーに美味いです!!
でも、サプリ自体は、私に合わなかったので、今回で、中止しました。中止しちゃうと、塩も醤油も買えないのが辛いけど、体に合わないものを、買い続けるわけにもいかず、残念だけど、最後になりました。
今夜は、これに、もずく酢、焼き鮭などなどで、肴にしたり、おかずにしたりでした。

今日は、天皇誕生日。
亡き父が、元近衛騎兵だった私は、やはり日の丸を掲げてお祝いです。
知らなかったのですが、オランダ領を統治した日本軍は、オランダ兵を捕虜として収容所に収容し、強制労働をさせていたそうで、最近までも、オランダ人は、日本人を憎んでいたと知り、ショックでした。
以前、天皇陛下と皇后陛下が、オランダを訪問のさい、「ヒトラーの息子がやってくる」とか「天皇の無事を保障できない」「私達は、日本人を嫌悪する」というような記事が、新聞に掲載されたそうです。
アジアの中で、もめた事があるのは知ってましたが、私が愛するヨーロッパにも、そんな風に思う国があったと知り、物凄くショックでした。
でも、訪問の際、なくなられた戦士達に、天皇皇后両陛下が、献花し、予定には無かった「黙祷」を、それも、長い長い黙祷をささげられた事で、オランダ人の心を溶かしたと知りました。
日本人を嫌悪すると書いた記者ですら、感動したと、なんと天皇陛下、皇后陛下と言う方々は、知識人であり、高貴な方だと分かったと、以来、よほどの反日家以外は、反日の感情が、雪が溶けるように、溶けたと語ってました。天皇皇后両陛下は、オランダの民衆とも、分け隔てなく、同じ目線にたって、気さくに会話を楽しみ、
親しみを感じたと話されてました。
歴史が変わったと。「天皇皇后両陛下は、他にはない素晴らしい外交官である」と絶賛されたそうです。
天皇皇后両陛下のおかげで、全てとは言えないけれど、オランダの国民の感情が和らいだのは、素晴らしい事だと思いました。

a0150216_2058623.jpg

今日のアミン君です。サミナちゃんは、朝、天気が良いと、どこかに行ってしまいます。
昨日は、アミン君もお出かけしていたのですが、今日は、アミンだけが庭にいました。
庭においてある、捨てるTVの上で、日向ぼっこ中のようです。
確かにね、猫ってTVの上で寝ているイメージがあるんだけどね、今のTVは超薄型だから、猫、寝られないし、でもジャストミートな感じだったので、写真を撮りました。
この捨てるTVの上で、ごろごろ、ダラダラしていたアミンです。
平和で何よりです。
by cecilia-1127 | 2009-12-23 21:04 | 料理