トルコ料理・・・かな?

ここのところ、沢木耕太郎著・「深夜特急」の5巻、6巻が、地中海、トルコ、ギリシャ、南ヨーロッパ、ロンドンという、私の興味がある土地への旅行記だったので、買って、「あ!!」っと言う間に読み終わり、昨日、本屋へ行った時に、1巻~4巻が売っていたので、ついつい買って読んでいます。
バックパッカーであった、当時の作者の旅を綴ってます。
読んでいると、自分まで、その土地に降り立ったような、グランバザールを覗いた気になったり、プラカの街角を歩いた気になったり、リスボンでワインを飲んだ気になったりと、とっても楽しく読み進んでいます。
それでもって、中でもトルコ料理に興味が出てしまい、下手の横好きで、またまた作ってみました~(って簡単なやつだけど)
a0150216_19274967.jpg

大好きな「サバサンド」です。これは、私バージョンなので、バゲットをこんな感じにカットしてます。
これ、本当に美味しいんですよね~(*^_^*)
飲み物は「アイラン」という、トルコの塩味のヨーグルトドリンクです。
私は元々、ヨーグルトには、塩を振って食べていたので、何の抵抗もありませんでした。ネット検索したレシピによると・・・
ヨーグルト 500g
水      500cc
レモン汁  適量
塩      茶さじ1
青いタバスコ 2~3適 (ハラペーニョソースですね)
これをミキサーなどで混ぜたら出来上がりだそうです。
私は、タバスコを多目で作ってますが、美味しくて、美味しくて、1日でヨーグルト1パック分を飲んでしまいます。甘いヨーグルトは苦手ですが、このアイランとか、塩を振って食べるヨーグルトは、大好きです。
a0150216_19355796.jpg

これは、「トルコ風野菜スープ」です。
トルコスパイシーライフの、yokocyan21さんのレシピです。
特徴としては、ヨーグルトと小麦粉を溶いた物を入れるところでしょうか?そして、レモンを絞って食べる。
ヨーグルトの入ったスープ!?って思ったけど、思い切って作って良かった!!
これ、美味しいです。とてもサッパリしていて、ちょっとしつこいお味の料理にも、合うと思います。
これが、今日の私の朝食でした。
a0150216_19415992.jpg

これは、パパの夕飯です。
息子は友達と渋谷へ、娘は友達とスケートへ出かけ、2人とも、夕飯はいらないというので、一人買い物に行った私は(パパは見積もりに行ってました)、「そうだ!すき焼きにしよう!!」と思いつき、普段なら、オージービーフなんだけど、パパだけだから、「特選和牛すき焼き用肉」を奮発しちゃいました!!
でもね、パパったら、見積もりに行ったものの、バタバタしたようで、朝ごはんも、昼ごはんも食べてなかったらしく、夕飯時には、お腹が空きすぎていて、たいして食べられませんでした・・・
残念!明日は、免許の書き換えだそうで、鴻巣まで行くそうです。

皆様に、いろいろとご心配をお掛けしましたが、私の凹みは、大分回復してきてますから、大丈夫です!!
軽い倦怠期だったんでしょうかねぇ?
パパが、なんか私を必要としていないような、邪魔にされているような気が、自分の存在価値に疑問を持ってしまっていて、でも、ピークは過ぎたみたいで、落ち着いてきました。
パパは、不機嫌っぽいときがあり、後で聞くと、そうでもなかったり、話しかけるんだけど、無視されたり。でも、後で聞くと、「え?何か言われた?」みたいに、聞いているんだか、聞いていないんだか・・・
もしかして、悪気ないのっ!?
昨日も不思議だったのが、不機嫌そうだったから、静かにPCをしていたら、自分だけ着替えてきて「買い物行くぞ!」だって。何やら分からず付いていくと、わりと普通。
自分の今年用のバインダー式の手帳と、絢香のアルバム買うついでに、私の、「深夜特急1~4」と、「るるぶトルコ」を買ってくれました。まぢで悪気ないわけ~?悩んだのに・・・
ソー考えてみると、どこへ行くにも、一人では行かないんですよねー そう思ったら、私が思う程、邪険にされてないのかな~?と思ったら、少し凹みが減ったんです。
不器用な日本男児名のかも知れません。あ~欧米人の男性がいいな~
どうぞ、最後まで、夫婦円満で過ごせますように・・・m(__)m
by cecilia-1127 | 2010-01-05 20:36 | 料理