2010年 02月 18日 ( 1 )

ここのところ、風邪を引いてしまったりで、特別、変わった料理を作る事もなかったのですが、昨日、先日届いた「牛骨」を使って、何か作ろう!!と思い、韓国の「ソルロンタン」を作る事にしました。
楽天ブログ時代、1度チャレンジしていた「ソルロンタン」
牛の骨、内臓、肉などを、ただ煮続けて、白濁したスープを作り、個々に、塩コショウをしたり、カクテキをいれて食べたりするという、二日酔いにも良いと言われる、スープです。
以前は、牛骨がなかったので、ホルモンや、肉だけで作ったのですが、今回は、骨があるので、気合も入ります。
牛骨を、まず1kg、水から煮込みました。
煮込むこと数時間。
その後、スジと肩を入れて、更に数時間。
そのまま寝かせました。ここまでが、昨日。白濁より、少し、茶色がかってしまいました・・・
牛骨の、血抜きがイマイチだったのかな?
今日、固まって浮いていた油を取り除き、肉を別に取り、更に、1kgの牛骨をくわえて、コトコト、コトコト煮込みました。画像より、ちゃんと白濁しています。
a0150216_21251992.jpg

こんな感じです。これに、ネギを入れて、あとは個々に、カクテキを入れたりしながら、食べてもらいました。
息子の反応は「何これ!うめぇ~~!」でした(*^^)v
パパは、たいした反応を見せなかったけど、最後までスープを食べてましたから、OKだったかな?(*^^)v
娘は、塾なので、これからです。
それでも、スープが余っているので、明日は、これを使って、ハッシュドビーフでも作ろうかと思ってます。
1kg210円。ありがたい金額です。

a0150216_212848.jpg

これは、「フダンソウ」の芯の部分を使ったスープです。
ギリシャやトルコなどのブログを拝見していると、聞いた事のない「フダンソウ」なる野菜が登場します。
和名は、いろいろあるようですが、私が買ったのは「しろ菜」とありました。
葉部分は炒め物にしようと思っていたので、芯の部分でスープを作りました。
トルコ~スパイシーライフ
の、yokocan21さんの過去の記事から探して作ったスープです。
芯部分の歯ざわりが、美味しいスープになりました。
バゲットとスープ、アイランの朝食でした。

16歳の息子が、ずっとずっと、、原チャリの免許を取りたいといっていたけど、私が大反対していました。
まず、息子が通う高校が、バイク禁止という事と、私の周りで、バイクで息子さんを亡くされた方が、数名いて、目の当たりに見てきたからです。
パパは、原付どころか、普通のバイクの免許も持っているし、息子の年には、400ccのバイクに乗っていたらしく、反対もしていなかったのですが、私の大反対と、校則と言うことで、反対の立場でいてくれたのに、息子は、勝手に取ってきてしまいました。
今朝、「母さん、俺、嘘はつきたくないから、これ見て」と免許証を見せられました(ー_ー)!!
ショック!超ショック!!
本人曰く、乗らないし、免許は、母さんに預けるからって言うけど・・・だったらいらないジャン・・・
パパの帰宅を待って、ドキドキしながら、取ってしまった報告をしてました。
「オヤジ・・・これ」って。
パパったら「え?お前、原チャリとってきたの?へ~」って、嬉しそうな顔して、何よそれ!!
息子が、報告を終え、ほっとして友達の家へ行ったあと、パパと話すと「仕方ない、男の子だから。でも、さっき、人のバイクかりたりして事故でも起こしたら、自己責任だから、免許はお前に預けろって話したから」って。
だったらいらないじゃんねー
あと1年したら、車に乗りたくなるってーのに。
私も、高校2年の時に、原チャリどころか、中型免許(400ccまで乗れる)が欲しくて、父に話したけど、当然の反対にあい、18歳をまって車の免許をとったんだけど、今になって、あの時の父が反対した気持ちが理解出来ます。
親の心、子知らずですね。

先日ひいた風邪。インフルでもなく、回復だな~と思っていたのに、今日また、喉が痛くなりました。
超痛いの!!
息子が、薬を買いに行ってくれ、なかなか効いているのですが、やはり痛い。
どうぞ熱が出ませんように・・・

オリンピック、明日は男子フィギュアのフリーがあります。
今日は、スノボーのハーフパイプがあり、話題の「腰パン王子」が登場しました。メダルには届きませんでしたが、彼、凄い人だったんですねー
素晴らしいパフォーマンスを見せて頂きました。
最後の手を付くのがなかったらなーと思う一報で、反省し、頑張ったんだから、帰国の際、もう叩くのはやめて下さいと思いました。ブラボーでした!!
一回り以上上の先輩ボーダーが、余命半年とか言われた時、國母君は、募金をつのり、手術を受けるだけのお金を集め、結果、その方は今も、現役だそうです。いいとこあるじゃんねー
国境や、収入の違いが、命の違いになってはならないと思う、私には、涙の話でした。
by cecilia-1127 | 2010-02-18 21:47 | 料理